LISTEN

手話
06 /19 2016
入り口で、耳栓が配られる。
その映画を見るのに、健常者にとって音は余計なものだからだ。
「LISTEN」という映画は、出演者も監督もすべて聾者。
音のない世界で音楽を表現する。


☆☆DSC02599-r

「手話の意味を考えようとしなくていいから。
 感じてくれればいいから。」
そういわれていたので、何も考えず身をゆだねるように画面を見た。
その時間は、繰り返すさざ波や、風に揺さぶられる花畑や、宙を舞うオーロラを見ているときと似ていた。
音のない音楽。
美しい呼吸。
無音というのは、いちばん大きな音なのかもしれない。
しんと張り詰めた空間で、指先がわずかに動く、髪が揺れる…それだけで、音楽になった。
彼らの動きに合わせて、わたしの感情が波を打つように揺れた。

☆☆DSC02792-1

この映画には、知人が出演している。
手話劇団はーとふるはんどの役者の一人だ。
「わたしたちは、健聴者のつくる舞台や映画を、こんな感じでいつも見ているんだよ。
言葉はわからないけれど、すべてわからないわけじゃない。
表情やしぐさからいろんなことを感じているの。
そんな感覚で、今度は健聴者に聾者の世界を見てほしい。」

☆☆DSC02677-r

互いの世界を覗きあって、認め合うことができるのは、素晴らしいことだなと思う。
はーとふるはんどが毎年舞台で演じている手話歌は、健聴者の音楽に聾者が合わせて手話をしている、どちらかというと健聴者寄りの手話歌なんだと思った。
それでも、聾者と健聴者が一緒に何かを作り上げることができるのは、やはり素晴らしいのではないかと思う。


☆☆DSC02854


「LISTEN」にも出演しているホンマちゃんの写真、昨年撮らせてもらいました。
表情がすごーく豊かだから、「ホンマちゃんのホンマでっかシール」もつくっちゃった!
ホンマちゃんといっしょに、簡単な手話を覚えてね!


DSC07064.jpg

はーとふるはんど 海の日公演

手話
07 /25 2015
梅雨が明けたと思ったら、いきなりの夏!
夏ってこんなに暑かったっけ??
みなさま、暑中おみまい申し上げます。
お変わりなくお過ごしですか?
先日の海の日、渋谷区共催で手話劇団「はーとふるはんど」の手話ダンス公演が行われました。

DSC08541_201507242322478e9.jpg
DSC08539.jpg


フラットな舞台ですぐ目の前のお客様。
照明も明るいままなので、おひとりおひとりのお顔がよく見えて緊張もするのですが、その表情が笑顔だったりすると、もうこちらも嬉しくて嬉しくて…。
昔はお客様の表情を見るのが怖かったのですが、最近は「チラリ…チラリ…」と見れるようになりました。

DSC08553.jpg
DSC08560.jpg

そして今回、すごく感動したことがありました!
「手話教室」と題して、「アナと雪の女王」の歌(サビ部分)をろう者のCちゃんが指導していた時です。
「それでは、もう一回初めから…」と繰り返すと、会場のみなさんが手話といっしょに歌も歌ってくださったのです。
♪ありの~ままの~…のアカペラ大合唱と、Cちゃんの大らかな手話のコラボ!!
なんだか、会場がひとつになった感じがして、鳥肌が立ちました。
(この盛り上がりはもちろんCちゃんに伝えました!)

DSC08551.jpg

こうちゃんと英太くんは相変わらず本番に強くて、ろう者だけでダンスに挑戦する歌ではお客様を不思議がらせ、大がかりな手品も大成功に終わり、今年もまた無事に終演できました。
心はもう来年の2月、三越劇場での公演に向かっています。
チラシも出来ました。
チケットも先日から販売が始まりましたよ。
よいお席から埋まっていきます。
どうぞお早めに私まで連絡をくださいませ~。

t02200311_0800113113361018378.jpg


お誕生会?

手話
05 /27 2015


劇団、はーとふるはんど。
手話が上手になる近道は、ろう者とたくさんおしゃべりすること。
一緒にご飯を食べたり、飲みに行ったり…。


DSC04905.jpg

…で、劇団のお稽古の後は、みんなでご飯を食べに行きます。
この日はちょうど仲間のお誕生日。
ご飯のあと、みんなでケーキを食べました。


DSC04906.jpg

若くて夢いっぱいのMちゃんに、みんなから質問の嵐。
「どんな男性がタイプ?」とか、「自分がすごーく好きになるのと、相手がすごーく好きになってくれるのと、どっちがいい?」とか…(笑)
Mちゃんは、みんなの太陽みたいな存在なのです。


DSC04908.jpg

ケーキも食べ終わると、手品師のHさんがナフキンをビリビリ、もにょもにょ…中から出てきた1枚のメッセージは…?

DSC04910.jpg

Mちゃんは、「あっかんべー」だそうです。(カワイイ♡)


ビバ、宝塚!

手話
11 /05 2014
宝塚にて、「ラインダンスでギネスに挑戦!」という企画があり、元タカラジェンヌの汐美真帆さんも力を注いでいるということで、これは行かなければと「はーとふるはんど」の仲間たちと行っていきました。

DSC03058-1.jpg

夜行バス(これも初体験!…眠れない…)に揺られて着いた朝8時。
残念ながら雨。
宝塚の駅には誘導ボランティアさんが点々と待機していてくださり、迷うことなく会場へ。
準備に2年もかけたと聞きました。
自衛隊の方が、臨時の橋をかけてくださったことも。
たくさんの方のお力を借りて、2回のリハーサルの後、本番です。

DSC03081-1.jpg

ラインからはみ出さないこと。
つないだ手が途中で途切れないこと。
みんなで同じ動きをすること。
5分以上続けること。
…以上を満たさなければ、ギネス失格。
簡単な踊りですが、緊張します。
間違えないように。ラインを踏まないように。
でも、せっかくだから楽しまなくちゃ。
本番を前に、雨もすっかりやみました。


DSC03040-1.jpg

審査の時間に30分ほどかかり、いよいよ結果は…?
「ギネス記録更新です!」
わーい!認定されました。
みんなでハイタッチ!
わたしたち、ギネス記録保持者?!

DSC03029.jpg

たった5分のために宝塚まで行くなんて…と思う人もいるかもしれません。
でも、人生の中でギネスに挑戦できる機会をもらえるなんて、なんてラッキーなんだろう。
本当に幸せな時間でした! 感動しました!
午後からは、宝塚の見学をしたり、手塚治記念館を回ったり、次の日はUSJに足を延ばしたり…たのしかった~。
豪華な羽根を背負っての記念撮影もしちゃって、わたしったらいつのまに宝塚ファンに~?

ラインダンスの様子は、各メディアで取材していたので、YOUTUBEがいくつかあがってました。
わたしたち「はーとふるはんど」も、「TC」のみなさんも、「石巻からの中学生』たちも、「汐美さん」もうつっていますよ~。
一瞬なので探してね。

概要がわかりやすいワイドショーはこちら↓



ダンスの初めから終わりまで、よく編集したなあ。臨場感ならこちらを↓




対岸のマンションの方が撮影したと思われます。
ありがとうございました!↓



以上、宝塚でギネスに挑戦!のご報告でした。
そして、聾者とともに旅をするという経験も良い社会勉強になりました。
みんなの好奇心、パワーにただただついて行くだけの私…。
全力で旅を楽しむみんなのお陰で、私も楽しかった~(≧∇≦)
次は是非ともハリーポッターを見ようっ!

手話ダンス 海の日公演

手話
08 /09 2014
ご報告が遅れてしまいましたが、今年も海の日に、はーとふるはんどの手話ダンス公演がありました。
会場にはあふれるほどのお客様!
毎年感謝の気持でいっぱいです。

DSC08308.jpg

こじんまりした会場にフラットな舞台。
座席が足りないので、ぎりぎりまで折り畳みイスを置くため、お客様が近い!
さらに、客席も明るいので、ひとりひとりのお顔がよく見えるのです。
(わたしは、見ないようにしていますっ…緊張しちゃうので~。)

DSC08334.jpg

本番に強い英太くんは、お客さまからも大人気のアイドルなのです♪

DSC08328.jpg

luv:lavishのかわいい二人も参加。
かなちゃん、大人っぽくなったね~。

DSC08313.jpg

大がかりなマジックショーもあって、大変盛り上がりました。
夏娘に扮したHちゃんが入った箱に剣をグザグサと刺すのですよ。
お手伝いをしたわたしは…秘密を知ってしまいました!!(びっくり!)
それにしても、聾者の表現は無声映画、チャップリンのよう。
笑いの渦でした。

DSC08323.jpg

そんなこんなで、無事海の日公演も終わり、お稽古はすでに来年2月の舞台へと向かっています。
新しい歌、ちょっと難しいけれどいい歌なんだなぁ。
がんばって練習します。

チラシ決定稿

チケット販売は開始されています。
すでに土曜日の午前の部は残席わずかです。
よいお席を希望される方は、なるべく早めにお買い求めください。
日時が決まったら希望枚数をわたしまでお知らせくださいね。

2月21日(土曜日)22日(日曜日)
午前の部 11時半から
午後の部 16時から
日本橋三越劇場  5000円
どうぞよろしくお願いいたします。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。