花岡幸代さん

未分類
09 /09 2015
ある方が教えてくださったのですが、むかしカセットテープが擦り切れるほど繰り返し聞いていた「花岡幸代さん」が、音楽活動を再開されていました。
彼女の詞の世界も大好きで、わたしは間違いなく大きな影響を受けていると思います。
わたしは2回しかファンクラブなるものに入ったことがないのですが、そのひとつが彼女でした。
小さな体で大きなギターを抱えて、透きとおる声で奏でる歌たち。
彼女のお部屋でドライフラワーにしたというかすみ草のしおりが宝物でした。
もうあれからどれくらいの時間が流れたのだろうか。
you tubeにアップされた新曲を聴くときのドキドキ…。
あの頃は好きなアーティストの新曲が出ると、プレゼントのリボンをほどくようにドキドキしながら耳をすませたことを思い出します。
(お仕事になってからは、どうしても仕事目線で聞いてしまう)
とても久しぶりに、あの頃の気持ちで音楽に向き合えました。
活動再開を決めた花岡さん、どんなお気持ちだったのだろう。
ライブ、また聴きに行きたいな。
わたしも、腹をくくり直さないとと、おへそにきゅっと力を入れた出来事でした。



わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。