奇跡の積み重ね

未分類
08 /16 2014
もの作りの仕事をしていて、改めて思い知ったことがある。
作ったものが、送りたい人へちゃんと届くというのは、当たり前ではないのだということ。

どんなにいいものを作ったとしても、それがいくつもの奇跡を積み重ねるようにしたその先に、やっと「ちゃんと届く」はあるのだ。
自動的に当然のように届くわけではないのだ。

今、私の手元にはひとつのDVDがあって、それはとても想いのこもった、出来栄えも素晴らしいものなのだけれど、世には出て行かないものと決まってしまった。
残念な気持ちでいっぱいだ。
けれど、このDVDが教えてくれたことを忘れないでいようと思う。

ひとつひとつに感謝をしながら、わたしはわたしに出来る奇跡を起こし続けよう。

DSC03934.jpg

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。