思い出と過ごす時間

未分類
06 /20 2014
最近、お気に入りの喫茶店がある。
カフェと書かずに、ここは敢えて「喫茶店」だ。

その空間に身を置くと、どんどん時間が巻き戻る。
LPレコードが小さなスピーカーから流れる店内。
本日のBGMはユーミン。
レコード針は手動で、1枚終わると「ぷつん…ぷつん…」という針の飛ぶ音が聞こえてくる。
もうずっと聞いていなかった音…。


IMG_1596.jpg


コーヒーには小さなビスケットが添えられ、サンドイッチは2種類を組み合わせることもできる。
特別なことはしていないけれど、丁寧に作られているものを食べると、人は幸せを感じるものだ。


IMG_1601.jpg


使い込まれたソファーと、懐かしい感じのテーブル。
星占いのガチャガチャみたいなやつ、どこにでもあったよね。(やったことないけど)

そこへは必ず一人で行く。
向かいの席には、昔の女友達や男友達、または好きだった人なんかを勝手に座らせて、いろんな思い出話をする。
ちゃっかり自分もそのころの年齢に巻き戻っていくし、
「こんな未来だなんて知らなかったね」と話す。


IMG_1598.jpg


本当は、そんな時間はないのかもしれない。
締め切りはどんどん迫ってくるし、勉強すべきことも、そろえるべきものも、出かけてゆくべきところもたくさんある。
でも、ランチタイムを思い出と過ごして、コーヒーを飲み終えると、「さて…、」と元気よく現実に戻ってゆける。
今のこの時もいつか思い出となって、未来の私が懐かしく向き合う日が来るだろうから…。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。