復活!おはなし会

絵本
09 /01 2013
本屋さんで12年もの間、子どもたちに絵本や紙芝居の見せ語りをするおはなし会をさせていただいていました。
今年3月に、その場所を卒業したことは、以前のブログにも書きました。

DSC01820.jpg


おはなし会はライフワークとして一生続けていきたい私たち。
その後、新たな場所を求めて放浪の旅を続けていたのですが、いろんな制約や条件に阻まれ、実は簡単に決まるものではありませんでした。
けれど、ちゃんと出会いがありました。
他の場所となかなかご縁がなかったのは、ここに辿り着くためだったんだと思いました。

DSC01830.jpg


名前がなかった私たちの会に「おはなし会 森のポケット」という名前がつき、新しい場所で、初めてのおはなし会をやることが決まりました。
八月の最後の日、夏休み最後のおはなし会です。
告知の仕方もよくわからないまま、猛暑のなか本当にお客様がきてくださるのかとても心配だったのですが…。


DSC01808_20130901233752795.jpg


開演時間が近づくと、ぽつりぽつりと集まり始めた子どもたち…。
結局40人もの親子が集まってくださり、わたしたちは無事、再スタートをきることができました。
お世話になっていた本屋さんの店長さんも駆けつけて見守ってくださり、常連さんや友人の子たちも来てくださり、すごく心強かったのです。


DSC01832.jpg


読んだお話は7つ。
数ヵ月ぶりに子どもたちの前に立って、とても楽しかった。
やっぱりわたしにはこの場所が必要なんだと強く思いました。
まだまだセンターの方に助けてもらいながら、準備や宣伝も大変だけれど、これから毎月やることができます。
わーい、わーい、わーーーい!

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。