ぎくり…っ

お出かけカメラ
10 /23 2011
…と、やってしまいました。


111023-1のコピー


歯を磨いていただけなのに、急に立っていられなくなって、あれあれ、へんだな?と座り込んだら動けなくなりました。
人生初の「ぎっくり腰」を体験中です。


111023-2のコピー


確かに張り切りすぎたかもしれません。
このススキを撮るために、結構重いカメラバッグを背負って、結構歩きました。
寝不足のときも、出易いそうです。
炎症を起こしている時に温めるのは、逆効果だそう。
やれやれ。温泉に3回も入っちゃいました。


111023-3のコピー


本当に何もできなくなるんですね。
歩くのも、トイレに行くことにも、全身全霊で挑むのに、こんなに困難なことだったとは…。
そして何より、いつもいつも不安で、心許無い。
突然、赤ちゃんに戻ってしまった心境です。

けれどまた、ひとつひとつ出来るようになっていく過程の嬉しかったこと!
あ、寝返りがうてる。
あ、靴下が履ける。
あ、歯が磨ける。
あ、髪を洗える。

今日はついにしゃがめるようになりました。
ああ、しゃがめるって素晴らしい。


111023-4のコピー


箱根の仙石原、犬のお散歩をされていたご近所の方の話では、
「今年は最悪だよ。」だそうです。
(ええ~っ、張り切って行ったのに。)
実は毎年3月にやる野焼きが、今年はできなかったそう。
消防団の方々が、被災地などへ行かれていたためだそうです。
なるほど、それは仕方がない。
言われてみれば、いつもより背が低く、すかすかしているようにも思えます。

「でも来年は、りっぱなススキヶ原にするからね。」
はい。来年も楽しみに来ます。
もうすこしリュックを軽くして…。


わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。