ふたたびの彼岸花

お出かけカメラ
10 /03 2011
先日の彼岸花写真はなにかいつもと同じ撮り方になってしまって、ちょっぴり悔いが残ります。
そこで、もう一度挑戦してきました。


111003-0のコピー


今度は自分らしく撮れた気がします。
花もほぼ満開。
ちょうど見頃でした。


111003-1のコピー



時々差し込んでくる光は貴重です。
その一瞬を逃すと、またすぐに曇っててしまいます。



111003-2のコピー



白い彼岸花もあるのですよ。
ご存知でしたか?
断然赤が多いので、白を見つけると嬉しいのです。
ですが、四つ葉のクローバーよりは見つけやすいので、案外たくさん見つかりますよ。


111003-4のコピー


夢中で撮って、ふと気がついたら周りにだあれもいません。
いつの間にか日は落ちて、最後の一人となっていました。
けれど、そんなに夢中になれるって…、やっぱり写真はたのしいな。


111003-5のコピー


今朝、今年初めての金木犀の香りと出会いました。
ああ、運動会の季節。
そうして夏の終わり、秋の始まり。
季節のリレーも、バトンを落とすことなくタッチが無事済んだようです。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。