7月のおすすめ絵本

絵本
07 /15 2011
悲しいことがたくさんあった海…。
でも、子どもたちには海を大好きでいてほしい。
7月のおはなし会で選んだのは、「ジンべエのなかまさがしのたび」です。


ジンベエ


作者の「くのきょうこ」ちゃんは、お友だちです。
獣医学部卒業の動物、とくに海の生き物が大好きという彼女の描く絵は、単純化されていても生物学に沿っていて、自分探しがテーマの芯のある物語です。
「ジンべエ」はジンべエザメ。
本物、観てみたいなあ。
彼女は感動することがあるとおはなしを書くそうで、「最近は感動がないから書けない~」とつぶやいていました(笑)


もう一冊、こちらは小学1年生のおにいちゃん(がいるママ)に読んで欲しい。


おこだでませんように


おり姫とひこ星以外の新しい七夕のおはなしができましたね。
「たなばたさま ありがとう。
 ほんまに ありがとう。
 きょう、ぼくは ものすごくしあわせです。
 おれいに ぼく もっともっと ええこになります。」
最後のページは、しあわせそうに眠る大そうなネゾウの彼の絵で終わります。
よかった、よかった。


ブルーベリー


おやつはブルーベリー。
そろそろスイカが食べたい季節ですね~。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。