あの日

つぶやき
07 /14 2011
もしも 過去のどこかに もう一度もどれるなら…
あなたはどの日を選ぶでしょうか。


歪んだ青空


ピンクの小さなカーテンの、白いワゴンに乗って、どこへ行くともなく街をぐるぐる回っていたあの日。
「コーヒー牛乳のうた」や「天才バカボンのうた」を歌いながら、みんなでげらげら笑っていた日。

わたしは迷わずあの日を選びます。


小さなベルの花


銀色夏生さんのアルバム「偶然」を聴いています。
どの歌も良くて、聴くたびに思い出すことがいろいろで、きゅんとしたり、うるっときたりします。
4曲目の若葉の頃、本当の歌詞は
「もしも 過去のどこかでやり直せるなら…」です。

やり直せたとしても、同じ道を選ぶでしょう。
だけど今度は、もっとひとつひとつにしっかり向き合いながら進む…と思います。

そして、もうもどれないと知っているから、あの日が輝く…のかな。


♪ぼくは 迷わず あの日を選ぶ
 はるか昔の あの日を… 選ぶ

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。