妖精おじさん

かわいいもの
12 /24 2007
去年イギリスで、運命の出会いをしました。
世界のデパートの中で一番好きと思っている
「FORTNUM&MASON」のクリスマス売り場で…。


妖精おじさん




妖精おじさんです。
王子様のようなちょうちん袖に白いチェニック。(なのか?!)
赤いタイツに金の編み上げ靴。
とんがり帽子の先には星飾り。
作りがとても繊細で、なんともおしゃれ。
顔はサンタさんに似てるけど、よりあどけない感じ。

彼を見たとき、前夜に見たバレエ「くるみ割り人形」を思い出し、
「彼はきっとわたしをおもちゃの国に連れて行ってくれる。」と思い、
クリスマス飾りなのになかなかのお値段だったことをも忘れさせ、
わたしをレジへと向かわせたのでした。



昼間の妖精おじさん



昼間の妖精おじさんです。
色白です。
まだ、わたしをおもちゃの国へと連れて行ってはくれません。

妖精仲間は他にもいて、(でもこのおじさんが一番可愛かった)
たぶん由緒正しき名前や謂れがある方だと思われ、
その人形のレプリカだと思います。
こんな箱に入っていました。


箱



箱の絵の方が本物でしょう。
ちょっと怖いけど、スマートでさらに繊細なようです。

妖精おじさん、わたしはおもちゃの国へ行ける日を待っていますよ~。
そう思いながら、毎年飾ります。
ステッキを持っているから魔法を使えると思うのだけれど、
どんな魔法を使うのかな?
この方の詳しい情報を知っている人がいたら、
どうか教えてくださいませ。



わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。