魂が震える瞬間

お出かけカメラ
07 /01 2010
ゆり園に行きました。
キャンディーカラーのユリたちが、敷地いっぱい広がっておしゃべりしているようなにぎやかさでした。


ゆり園1


そのにぎやかなゆり園で、ゆりたちの奥にある1本のなんということのない樹が、どうしても、どうしても、気になるわたし…。
どの位の時間、その樹を覗き続けたことでしょう。
たった1度でしたが、ゆりたちの精霊がその樹のもとに集まった瞬間が見えたような気がしました。
すごくどきどきして、しばらくは魂がふるふる、ざわざわと揺れているようでした。
もう一度、もう一度だけと、レンズを覗くけれど、もう2度と見れない…。
このときの写真は、いつかきちんとお見せできる機会をつくりたいなと思います。
わたしの感じたものが、その写真に写っているとよいのだけれど…。


ゆり園2


ゆりは、たくさんの時と、ひっそり1輪の時では、まるで違う花のような表情ですね。







わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。