懐かしのオペラハウス

ウィーンの旅・思い出帳
08 /31 2009
以前ここでお伝えした事のある、スロバキアの「クリーム色のオペラハウス」です。


オペラハウス1


ね、ね、素敵でしょう?
トラムが走るとカタカタと揺れる、あのオペラハウスです。


オペラハウス2


今回は中へ入ることができませんが、ぐるっと一回りしてきました。
また来れるなんて、感激♪


オペラハウス3


入り口に、「スロバキアフィル」のポスターが掲示されています。
今夜の演目かな。聴きたいなあ~。
日本では敷居が高く、遠く感じるクラッシックが、ここではすぐ近くにある気がします。
散歩の途中にふらりと立ち寄れちゃうような…。


オペラハウス4


そういえば、ご飯の後カフェでお茶を飲んでいたら、目の前の広場で野外演奏会(クラッシック)がはじまりました。
帰り道、また違う音楽が聞こえてきて、そちらはジャズ系。
映像を映しながら、それに合わせて生演奏しているみたい。
道行く人々は、立ち止まって自然に耳を傾けています。
ホテルの近くでは、見えないけど遠くからロックも聴こえてくる…。
街中が音楽祭みたいな日常です。


オペラハウス5


このオペラハウスのかわいい秘密は、クリーム色だけではないのですよ。
壁に施されているのは、ギターや竪琴、たくさんの楽器たち。


オペラハウス6


ひとりの白髪の紳士が中へ入っていきました。
楽団の人かな…。


オペラハウス7


建物の片隅に、楽譜屋さんがあります。
ほとんどクラッシックだけれど、日本人のCDを見つけました。
ジャズピアノの「上原ひろみ」さん。
彼女はしっかりと「世界の人」なのですね。
ちょっと、嬉しい。


わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。