こどもたち

ウィーンの旅・思い出帳
08 /30 2009
いろいろ締め切りが終わって、ほっとしたと思ったら、仲間との写真展がふたつ控えています。
がんばらなくっちゃ。


こども1


ウイーン、スロバキアで出会った子どもたちです。かわいいですよ~。
ヨーロッパの子どもは、お人形みたいですよね。


こども2


着ている洋服もおしゃれだなあ。
奥のオープンカフェにちらりと見えるヒールの足は、この子のママ。
優雅だなあ、ウイーン。


こども3


家族で旅行に来ていたこの女の子は、みんなの記念写真にもばっちり写っていると思います。
なぜなら、みんなに注目されるのがうれしいらしく、「ママー」と言いながらずーっとポーズを取っていたのですから…。
お陰でわたしも何枚も写真を撮らせて頂いちゃいました。


kodomo4


有名な「黄金のヨハンさん」の前です。
可愛いから、みんなも許しちゃうね。


kodomo5


抱えているボロボロのキリン(?)のぬいぐるみ…どんなに大事なのか、よくわかりますね。
アイス、美味しそう~。


こども6


そうそう、6月でしたが、とても寒かったのです。
わたしもあるだけの服を重ね着して、ストール巻いていましたもの。


こども7


このポスターはとてもお気に入りでした。
いつか真似して「こんな写真を撮りたいです。

旅行写真の整理もできないまま、もう夏が終わってしまいそうです。
これからも、時間のあるときに、ぽつぽつと小出しにしていきたいと思います。

気長に待っていてください。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。