ただいま

ウィーンの旅・思い出帳
07 /02 2009
帰って来ました。


雲の上


オーストリアも異常気象で豪雨が続き、ドナウ川が氾濫して、「梅雨のないヨーロッパも、ついに梅雨入り?」と思ったのですが、東京のむうっとした、この肌にまとわり付く湿度…。
これこそが梅雨!!
そうだったなあ、帰ってきたなあという感じです。


風車


とても楽しい旅でした。
写真をたくさん撮ったので、たくさん載せながら少しずつお話しますね~。

ウィーンの空港からスロバキアは車で2時間ほど。
今ではパスポートチェックもなく、スムーズに行き来できます。
途中、巨大な風車がいくつも並んで圧巻ですが、ひとつの風車でスロバキアのひとつの村の電力をまかなえるとのこと。
エコが進んでいるのですねー。
一面の麦畑に白い風車の群れ…美しい風景でした。


教会


スロバキアのブラティスラバは10年ぶりです。
以前はこじんまりとして可愛い街だけれど、まだ共産主義の名残があって、地味な印象でした。
ユーロ圏に変わってから、急速に街並みが美しくなったそうです。
通りにおしゃれなオープンカフェがずらりと並んで、賑わっています。


オープンカフェ


スロバキア料理に挑戦しましたが、スゴイ量!
前菜とパンとスープ(どんぶりにいっぱい!)でもうお腹いっぱいなのに、そのあとメインが来ます。
…無理です。


パパラッチ


街中にはいくつものユーモラスなオブジェが、違和感なく馴染んでいて、これはカメラマン?
ふと見ると、その店の名は「パパラッチ」…なるほど!
ほかにも、マンホールから手を振っている人とか、ベンチに座る人に微笑む人とか…。


お菓子屋さん


ハリーポッターの魔法のお菓子を売っていそうなお菓子屋さん。
奥がカフェになっていて、みんなでホットチョコレートを飲みました。
ウエイトレスさんがモデルのように可愛い人ばかりで、男性陣はデレッと嬉しそうにしていましたっ。


カジノ


10年前、わたしに「カジノ」の楽しさを教えてくれた街、ブラティスラバ。
けれど、レコーディングを終えて夜ご飯を食べると、もうくたくたのねむねむで、なんとホテルのすぐ地下にあるというのに、今回は一度も足を運ばなかったのですよ!


スロバキア国旗


スロバキアは国旗までかわいい。
旅はまだまだ続きます。
お楽しみに。


わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。