アフタヌーンティー

おいしいもの
06 /10 2009
久し振りに自宅で打ち合わせ。
来てくださるのはとても嬉しいけれど、編集者の忙しさは想像できるだけに、わざわざ足を運んでもらうことにやや恐縮…。

ちょうど小腹も空く時間…アフタヌーンティの用意をしてみました。
ささやかな、歓迎の気持ち。


アフタヌーンティ1


昔、イギリスでいただいたアフタヌーンティが素晴らしくて、いつかちゃんと自分でマフィンなど焼いてみたいけれど(もちろんクロケットクリームを添えて!!)、とりあえず、並べただけの簡単なものです。


アフタヌーンティー2


昨日高尾山を下っただけなのに、(登りはリフトだったため、ほぼ歩いていない)もう足やお尻の筋肉がイタタタ…。
固まっております。
下りといっても、かなり急な坂道でした。

下山後は映画館で「ルーキーズ~卒業」。
(テレビの再放送でハマっちゃった派です)

さっき汗をビッショリ吸い込んだタオルで、思いっきり涙をぬぐい、空腹を抱えて入ったレストランでがっつり食べた「ガーリックハンバーグ」。
たんまり汗かいて、思い切り泣いて、たらふく食べるという行為は、とても健全なものだと思いました。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。