せつなくて 泣きそう

つぶやき
08 /21 2008
昔勤めていた幼稚園の盆踊りに行ってきました。
去年作ったオリジナルCDのあの歌を、子どもたちが目の前で踊ってくれて、
それはそれは、幸せな時間。


盆踊り1


けれど、もっと幸せなことがありました。

教え子に会えたこと。
もうお母さんになっていて、子どもが今年入園したのだってっ!!(ひょお~~~~)
それから、昔の父兄が会いに来てくれたこと。
息子のお土産話をいっぱい持って。



盆踊り2



たったふたりの話を聞いただけだけれど、卒園してからいろんなことがあった…そう思っただけで、切なくて泣きそう。
胸がいっぱいで、パンパンで、苦しい。
みんなは、他の教え子たちは、元気にしているだろうか。



盆踊り3



卒園してから今までの話を全部の聞きたい。
小学校のこと、中学校のこと、高校のこと、初恋のこと、友だちのこと、趣味のこと、仕事のこと、ご両親のこと…。
アルバムを見ながら、教え子ひとりひとりに、ゆっくり話を聞いて、
そして最後に頭をくちゃくちゃに撫で回して「頑張ったね。」と言いたい。
みんながもうすっかり大人でも、いくつであっても、
わたしはずううううううっと、あの子たちの先生でいたい。


わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。