2016年、ありがとうございました♪

音楽
12 /31 2016
今年も細々と更新してきましたこのブログを見ていただき、ありがとうございました。
今ようやく写真を決めて、年賀状をプリントしているところです。
(相変わらずの遅さ…汗)

今年の大きな出来事は…
*自分で主宰する写真教室「photo*momotto」がスタート!
*名古屋、札幌、福岡など、ももぐみが全国へ拡大
*story*photo「おやゆびひめ」が写真誌巻頭ギャラリーに掲載
*しまじろうの紙芝居「じしんのときのおやくそく」が完成~!
*おはなし会は8910部へ出張
*髪を切ったこと
*大切な方おふたりを見送る
*HPをリニューアル
*初めてのアフリカへ
…などなどでしょうか。

★DSC00078-2


とにかく、風邪ひとつひかず、無事乗り切れたことは、何よりよかったです。
さて、来年はもうすでに、1月からかなりのスケジュールが。
そしていつも、「1週間先は真っ黒でも、1か月先は真っ白」であったスケジュール帳が半年先まで埋まっております。
どんな年になってしまうのか、怖いような、楽しみなような~(笑)。

まずは1月10日(火)!!
Neokeysのライブを、どうぞよろしくお願いいたします。
チケットは当日ライブハウスの受付で「ネオキーズを見にきました~」と言ってください。
全7曲(すべてオリジナル曲)。
うち、新曲2曲、手話歌2曲、やる予定です。

メンバーは、4人。
ナオ イヌイ(作編曲・ボーカル・ギター・コーラス)
わたなべもも(作詞・ボーカル・鍵盤ハーモニカ・コーラス・手話)
飯泉孝(ギター・コーラス)
岩見扶美(鍵盤ハーモニカ)
…どなたでもお気軽に遊びに来てください。

One Acoustic Night vol.73
1/10(Tue)
music charge \2,000
(テーブルチャージ\500・飲食代別)
18:30 open

19:00~19:45 Neokeys
20:00~20:45 ゆうじひとり
21:00~21:45 ゆーすけ

22:30 close

ライブハウス ウエルカムバック
■Welcome back
Tel & FAX : 03-5957-5141
東京都豊島区南大塚3-44-11 フサカビルB1
http://www.welcomeback.jp/

DSC05564-1_20161231020630efc.jpg


写真関係の1月のスケジュールは、HPにお知らせしています。
こちらをチェックしてくださいね↓
http://hw001.wh.qit.ne.jp/watamomo/pictherbook.html


さて、年末年始は実家(といっても都内ですが…)で過ごします。
みなさまも、どうぞよいお年をお迎えくださいね。


merry chrisnas★

つぶやき
12 /25 2016
ももサンタより、みなさまへ
メリークリスマス!!!

今年は、教え子であり、親友であり、お仕事のパートナーでもあるしまじろうといっしょに💛
あれ?
教え子ということは、しまじろうも「ももぐみ」ですね!

楽しいクリスマスを…★

★★DSC08150-1

アフリカへ行ってきました

お出かけカメラ
12 /22 2016
わたしはこの目でどうしても見たいと思っていたものがふたつありました。
ひとつは「オーロラ」。
それは、2012年にかないました。→ブログ参照
そしてもう一つは「地平線に沈む夕日と、ワイルドな大地に暮らすゾウやキリンたち」でした。
そう、アフリカのイメージは、ワイルドだったのです。
そしてついに、行ってきました、アフリカ!!

DSC01692.jpg


飛行機をドバイで乗り継いで20時間。
灼熱の太陽!!…かと思いきや、そこはまるで軽井沢。
リゾート地のような気候。(少々砂ぼこりの難ありですが…。)
清潔なロッジで、ご飯はバイキングで、なかなか美味しい。
そして、私の見たアフリカ(ケニア)は、ワイルドというより、おとぎの国だったのです。


DSC01441.jpg


はじめは、ちらりと遠くにシマウマやキリンが見えただけで大興奮!
でも実は、大地に動物たちが暮らしていることは「当たり前のこと」なのだと知りました。
わたしたち人間が、街に家族と暮らすように、動物たちも家族や仲間と自分たちらしく暮らしている。
わたしたちが仕事をしたり、ご飯を食べたり、眠ったりするように、動物たちもご飯を食べ、水を飲み、散歩をして、ケンカもして、そんな日々を送っている。
とにかく360度、視界を遮るものが何もないサバンナ。
そのどこかには必ず動物が、ゆっくりと、のどかに…いる。
そんな「平和」な風景だったのです。



DSC09998.jpg


ゾウは背中に鳥をのせて。
カバは水草いっぱいの水辺から鼻だけを出して。
お花畑のインパラたちのなんてかわいいこと。
角をぶつけてケンカを始めるガゼルの男の子たち。
でも途中で、おいしそうな草を見つけて、ご飯を食べ始めちゃう。
夕暮れ時の森に現れたシロサイが放つ神秘のオーラは、まるで神の使者。
羽虫たちはキラキラ光るピーターパンの光の粉のようでした。


DSC02727.jpg


現実はいつだって、私の想像を軽々と超えている。
何倍もステキな裏切りに会う。
もちろん、弱肉強食のリアルも見ました。
でもそれが自然なこととして受け入れられる。
サバンナで生きていくことの覚悟。
老いていくことの覚悟。
潔い哲学のようでした。

DSC01796.jpg


マサイ族の村を訪問したり、一緒にお散歩したりもしました。
自称「マサイのチーフ」ウイリアムは、カメラに向けてピースしてくれる、とてもお茶目な40歳!!
そして、マサイの子どもたち、かわいかったなあ。
目がキラキラで…!!


DSC00375.jpg


アフリカの話、いつかみなさんにゆっくりできるといいなと思っています。
今回、街には行かず、動物たちとの交流しかしていませんが、アフリカの最も平和な部分を見た気がします。
わたしがこうしてパソコンに向き合っている今も、あのサバンナや森や湖畔では、ゾウが歩き、ライオンが昼寝をして、シマウマがご飯を食べている。
そう思うだけで、心がすーっと穏やかになります。
あの、風の音しかしない360度の景色を心に描き、「おーい、キリンたち~。元気かーい?」と、友達のように手を振ることができます。


DSC00782.jpg


そして、サバンナの夕日。
これは海ではありません。
草原にできた水たまりのような水辺です。
鳥たちが集まっています。
あああ、本当に行ってよかったなあ。
もし行きたいと思っている人がいるならば、できるだけ早くいくことをオススメ。
移動時間は体力勝負です!!
(逆にサファリは楽ちんです。)

デジタルカメラマガジン1月号発売!

お出かけカメラ
12 /20 2016
インプレス社から「デジタルカメラマガジン1月号」、本日(12月20日)発売です!
総力特集として、「明日から使えるプロの技99」が写真家55人によって明かされており、わたしもお花写真の裏技を2つ公開しています。
表技と裏技に分かれているのですが、ちょっとしたワザで「こんな写真になるのかあ」とヒントになったり、逆に「そんなことしていたとは…。」と、見ただけでは気が付けないような工夫やこだわり…参考になりますよ。
ぜひお買い求めくださいませ。
中井精也さんの豪華なカレンダー付きで1080円!(安い!)
こうやって本を手にすると、わたしはやっぱり紙が落ち着くなあ。
紙のページをめくるのが好きだなあ。
紙媒体を無くしてはいけないと、つくづく思うこの頃…。

DSC00235.jpg

12月の撮影会

お出かけカメラ
12 /14 2016
しばらくトップ記事です。
いつもの日記はこの下に更新中。

【PHOTO*MOMOTTO 12月の撮影会のお知らせ】

*冬に咲く華 イルミネーションを撮ろう*

12月15日(木) 17時~18時半
(すごく寒い時は早めに切り上げます。雨天決行)
お時間のある人は、この後いっしょに忘年会しましょう~。
場所:都内で検討中。16時45分集合 (集合場所等はメールでお知らせいたします。)
参加費:4000円(税込み)当日集金いたしますので、お釣りの無いようにお持ちください。
持ち物:ご自身のデジタルカメラ・メモリーカード・充電済み電池・予備電池・カメラの説明書(あれば)
*今回は3脚は使用できません。
お申込みは下記のフォームからどうぞ↓
申し込みは締め切りました。

★DSC09359


フォトももっとは、スタートして1年を無事迎えようとしています。
今までは、誰かが企画してわたしを呼んでくれなければ、ももぐみさんに会うことはできませんでした。
人数が集まらなくて、中止になることもありました。
その度に、わたしは胸がぎゅっと痛くなりました。
楽しみに申し込んでくださり、その日をずっと待っていてくれたももぐみさんのことを思うと、わたしは約束を破ってしまったような気持ちになりました。
でも、イベントを企画したり主催したりするのは、とても大変なことです。
どんなにいい企画であっても、マイナスが出てしまうなら成立しないのです。
たくさんの人が動いて何度も練って準備してきた企画に、中止の判断をするのはとても残念でくやしいことだけど、それでもマイナスは出してはいけないのです。


★DSC09329


もっと自由に、もっと気楽に、ももぐみさんに会える場所をつくれないだろうか。
もっとゆったりと私らしく、わたしはわたしの世界を伝えていけないだろうか。
たったひとりでも来てくださる方がいるなら、待っていてくださる方がいるなら、約束を破らなくていい場所をつくろう。
豪華な企画じゃないけれど、いつも私が行くようなお気に入りの場所へ、ももぐみさんと出かけよう。
…そして、ももぐみの核となるような「ももっとぐみ」が誕生しました。


★DSC09332


カリスマでも凄腕でもないわたなべももの撮影会に、いったい誰が来てくださるというのか…。
宣伝するツテもなし、まずは恐る恐るブログに掲載しました。
でも、「人数を集めなければ…」というプレッシャーはありません。
そして…いたのです!
来てくれる人が!!
毎月来てくださるってことは、楽しみにしてくださっているってことだと思うのです。
そんな人が、ひとり、ふたり…と増えてきました。
お昼ごはんを一緒に食べておしゃべりしたり、写真を見せっこする時間もすごく楽しくて。
仲良くしているみんなを見るのも、とてもうれしくて。
わたしが何かを主宰するなんて、できるだろうかと思いましたが、はじめてみたこと、本当によかったです。


★DSC09285

1年を乗り越えたお祝いに、12月は忘年会をしたいと思います。
撮影会のあと18時半から2時間ほど。(飲食費4000円くらい。)
今回は忘年会のみの参加も承ります。
「忘年会のみ参加」と、わたしに直接メールしてください。
いつものように写真のミニ講評もしますので、2Ⅼサイズにプリントした写真を3,4枚ご持参ください。

ももっとぐみさんと、2016年締めの撮影会をできること、とても幸せです。
寒いけれど、元気にお会いしましょうね。


わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。