京王百貨店でイベントします!

未分類
06 /23 2015

【写真とパソコンの教室、はじめます】

新宿の京王百貨店で写真とパソコンの教室(入門編)が始まります。
写真を撮るのは好きだけれど自己流で…、という方。
ちょっとしたコツを知るだけで、写真がぐーんと素敵にかわりますよ。
デジタルカメラを買ったけれど、パソコンが使えないから写真がカードに溜まるいっぽう、という方。
デジタルカメラとパソコンは切っても切れない関係です。この際少しずつ仲良くなりましょう。

講師は、わたなべもも(花写真家)と 岡崎まゆみ(小学館アカデミーパソコン倶楽部講師)の2名。

7月2日(木) 7月16日(木)の2回コースで
午前クラス(10時半~12時)
午後クラス(1時半~3時)
があり、それぞれ定員は4名と少人数制。
丁寧、そして親切にご指導いたします。

1回目はカメラの基礎(簡単な機能や構図など)を学んだあと、ご持参いただいたカメラで、用意した花の撮影実習を。
2回目は撮影したデータをパソコンに取り込んで、さらに良くなるよう加工の方法を学びます。


料金は全2回で8640円(4320円/回)
ご自身のデジタルカメラをお持ちください。
(コンパクトカメラから一眼レフまで機種を問いませんが、スマートフォンのカメラは不可です)
SDカードや充電済みの電池を忘れずに。

お申し込み、お問い合わせは、店頭 またはお電話で。(午前10時から午後8時)
・お申し込み 京王百貨店新宿店8階 くらしサプリ 0120-302-121
・お問い合わせ 03-5321-8009(直通)


下記のサイトもご覧下さいませ。

http://info.keionet.com/shinjuku/event/pdf/sapri_calender1506-1507.pdf#view=FitH

初夏4


ご参加を心よりお待ちしております。

ただいま~

ムーミンの国へ
06 /21 2015

取り急ぎ、無事帰国しております。
ただいま~。

DSC06544.jpg

フィンランドの白夜、港、教会、ごはん、ちいさな島、トラム、かわいいホテル、ことり、木々や花、中世の街並み、ターシャみたいなおばあさん、水色の空とふんわりコッペパンみたいな雲、そしてムーミン一家…。


DSC06521.jpg

たくさんたくさん楽しかったので、一度には伝えきれません~。
写真もたくさーん撮ったので、またおいおい綴っていきますね。

DSC06527.jpg

写真はムーミンワールド。
島まるごとのムーミン島です。
そこは自然がいっぱいで、ジェットコースターの代わりにお昼寝用のハンモッグがあり、ゲームの代わりにスナフキンが焚火の前でお話を聞かせてくれ、お化け屋敷の代わりに魔法使いが実験をしています。
とてもゆるゆるの秘密の島で、住人達がそれぞれ楽しく暮らしているところにわたしたちがお邪魔する感じです。

ムーミンママとパパは仲良しで、スナフキンは子どもに釣りを教えていて、ムーミンはミーに怒られていました。
ほんとうにほんとうにステキな島でした。

さて、余韻に浸りつつも、モーレツにお仕事頑張るぞ!
ファイト!

ムーミンの国からこんにちは!

お出かけカメラ
06 /13 2015
ピピピ…ガガ…。
聞こえますか?
こちら、もも。
ムーミンの国から更新中。

無事旅先に到着し、楽しい旅暮らし、始まっています。

DSC05015_copy_copy.jpg

クラシカルなホテルに滞在しているのですが、そこのダイニングが素敵すぎです!
エレベーターのドアは、手で開けるのですよ~。

DSC04995_copy.jpg


窓の外は、白夜です。
写真は夜の10時ごろ。
まだまだ遊べそうですが、調子に乗ると次の日に支障が…。


DSC05272_copy_copy.jpg

街中にトラムが走っていてとても便利なのですが、時々「マリメッコ」のトラムが!!
これに乗れたら、その日はラッキー♪。

天気にはまずます恵まれています。
こちらの人は、かなりパラついていても傘を差しません。
濡れても平気な国民性なのでしょうか?

それでは、またレポートしまーす。

わたなべもも

フランスふらりめぐり6*モン・サン・ミシェル

フランスふらりめぐり
06 /09 2015
もしも、フランス人のように長いバカンスが可能なら、一か月くらいこの街にリゾートに来たいなあ。


☆DSC01131


毎日てくてくお散歩して、途中でアイスを食べたり、カフェに入ったり…。
もちろんカメラをお供に、感動の数だけシャッターを切るという生活。

☆DSC06951


遠くに黄色いラインを見つけたので、それを目指してぐんぐん歩いたら、たどり着いたのはこ~んな素敵なところでした!
一面の菜の花♪
そして遠くにモンサミっ!

☆DSC01041

地平線が見える生活って、なかなか東京ではできません。

☆DSC01218

樹の形のかわいらしさ。
水色、緑、黄色の組み合わせ。

☆DSC01290


フランスから帰ったばかりの時は、記憶のフランスが素敵すぎて、自分の写真を見たとき、
「ちがう、ちがう! もっと素敵だったのに…」
と、がっかりしました。

DSC00780-1.jpg

でも1ヶ月が経ち、久し振りに開いてみると
「なかなかいいじゃないか」
と思える写真もたくさんありました。

☆DSC00719

ガッツリ人に向き合う写真は、まだまだ照れくさいので、
小さく人の入ったスナップなどはどんどん撮っていきたいな。

☆DSC06436

などなどと、とても張り切っているようです。
ひとまず、ここでブログは小休止ですが、帰国したらまた続編を書きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

フランスふらりめぐり*5 モン・サン・ミシェル

フランスふらりめぐり
06 /08 2015

いつもは寝坊助のわたしですが、旅の時だけは(もとい、今回の旅だけは)早起きしました。
だって、モン・サン・ミシェル×朝焼けです。
半分ぼうっとしながら、まだバスも馬車も走っていないから、歩きましたとも! 真っ暗な一本道を。

☆DSC00931

1日の始まりってなんて美しいのだろう。
1年に365回もこの美しさを見逃しているなんて、実にもったいないことです。
(でもお寝坊も魅力的~)

☆DSC00983

どろどろの干潟だって、朝の魔法にかかればこの通り。
1日250万人が訪れるという観光地。
でもこの時間は誰もいません。
ほぼひとりじめです。

☆DSC00975

逆さモンサミもいいですね。
そしていよいよモンサミがピンクに染まってきました!
わあ、かわいい~♡

☆DSC01026

これは、4時起きした甲斐もあったのではないでしょうか。。
世界遺産、ブラボー!

DSC00794.jpg

バスが走り始めると、また人がわんさかやってきます。
日本人もすごく多い。
看板やメニューに日本語がついているくらいです。

☆DSC06535


名物はスフレ風のオムレツです。
確かにふわふわ~。
…が、味が…ない??
観光地はなかなかご飯に期待ができません。

☆DSC00771

でも、わたしは発見(ちょっと大袈裟だ)してしまいました。
この街の魅力は修道院だけではないのです。
次回は、てくてく歩きながら見つけた素敵な場所をお届けします!

フランスふらりめぐり*4 モン・サン・ミシェル

フランスふらりめぐり
06 /07 2015

ボンジュールヽ(≧▽≦)ノ
皆さんが飽きないうちに勢いで続きに進みましょう。


☆DSC00817


中に入ると、ひやりとした重厚な佇まい…そうなんです。
モン・サン・ミシェルは、実はお城ではなく修道院なんです。


DSC00662.jpg

要塞として使われたり、監獄であったこともある、長く重い歴史を持つ聖地です。


DSC00700.jpg
>

塔のてっぺんには武装した天使がいます。
大天使ミカエル。
そのお告げを受けた司教が、ここに教会を建てたそう。


☆DSC06497-1


はっ!
あの色とりどりのテンテンは、干潟探検隊の方々では?
もうあんなところまで( ノ゚Д゚)ノ
そして一体どこまでいくのか…!!

☆DSC00668-1


暗くなるとはライトアップされるんです。
ちょっと寒くなってきたけれど、これは見ておかないと(*≧д≦) 

☆DSC00929-1


モン・サン・ミシェル、いろんな顔がありますね。
とっぷり日も暮れました。
そろそろ帰りましょう。

DSC00873.jpg


…などと悠長なことを言っている場合ではない!
もうね、寒いのを通り越して、痛かった!
昼間との寒暖差ありすぎです(>_<)
ピューっと帰りました!!

ムーミンママ

つぶやき
06 /06 2015
ムーミンママは あこがれの人のひとりです。
大らかで、むじゃきで、どんなときでもムーミンママは必ずムーミンママなのです。
どんな大ピンチの時でも…です。
そんな気持のよい受け入れっぷりと、少女のような可愛らしさに、すごく惹かれます。

さあ、いよいよママに会いに行きます!
そうです。
旅…ふたたび!!

もうどこに行くかおわかりですね?

フランスの旅、まだまだお伝えしたいのですが、途中になってしまってごめんなさい。
ただ、あと数日は予約投稿でアップされると思うので、覗きに来てくださいね。

それではいってきまーす!

DSC04959.jpg

フランスふらりめぐり3 *モン・サン・ミシェル

フランスふらりめぐり
06 /06 2015
わたしが連続でブログ更新などしたので、…雨ですね。
気を取り直して、ボンジュ~ル!

☆DSC00570-1


モン・サン・ミシェルにやってきましたよ。
「一生に一度は見てみたい。海に浮かぶお城…。」
そう思っていた人は、私だけじゃないはず。
が、上手く満ち潮に当たらないとダメな上に、最近は砂が多くて滅多に海に浮かぶ姿は見れないみたいです。
それでも! 干潟に浮かぶ城であっても…やっぱり素敵でした。


☆DSC00480


わあ、見えてきましたよ。
お城までは無料のバスもあるのですが、断然馬車がオススメ!
気分が違います。
この日は夏のような日差しで、からっとしたお天気。
リゾート地に来たような、風がいい気持ち。

DSC00517-1.jpg


「干潟を歩く」というコースもあるようです。
大人も子どもも、はだしで歩くの楽しそう。
さて、せっかくですからまずは記念写真を撮らなくてはいけません。

DSC06340.jpg

おしいっ! もうちょっと右でした…。
(つまめていない…^_^;)

☆DSC00528-1


そんなことをしているうちに、干潟遠足隊ははるか彼方へ…。
わたしは、お城を目指します。

DSC00609.jpg

フランスなのに、なぜかハリーポッターの世界でした。
飛んでいるのはカモメですが、これがフクロウだったなら間違いありません。
魔法の国です。

DSC00637.jpg

さあ、どんどん登っていきましょう。
つづく。



フランスふらりめぐり2 *レンヌ

フランスふらりめぐり
06 /05 2015


順調な更新具合ですね!
レンヌ続編です。

☆DSC00247


花写真家ですから、やはりお花に目が行きますが、壁をつたっているうすむらさきの花…何だと思いますか?
…ピンポーン! そうです! 藤の花です!
日本では、藤といえば「藤棚」。
フランスでは、玄関のドアや窓の周りを飾っています。
なんてかわいいの~♡

☆DSC00378


こちらの人たちは、本当にカフェ好きです。
しかも、外の席が大好きみたいで、いつも人があふれています。
車がびゅんびゅん通らない小道がたくさんあるからですよね。
日本ではなかなかこうはいきません…。

DSC06209.jpg

レンヌといえば、ガレット(そば粉で作る甘くないクレープ)が名物です。
シードル(リンゴのお酒)といっしょにいただきました。
名物料理は「一番シンプルなもの」が一番おいしい気がします。
具だくさんのものもあるのだけれど、ここは欲張らずに、ハムとチーズと卵だけの基本の1枚を。
毎日でも飽きずに食べられる味♡

DSC06213.jpg

その代わり、デザートにクレープ(小麦粉の)も食べちゃいます。
塩キャラメルと、バニラアイス。
デザートもシンプルに!
実はこの「2枚食べ」、前のフランス旅行の時、隣のきれいなお姉さんがしていたので、「次は絶対わたしもっ!」って思っていたのです。

☆DSC00012

レンヌは観光都市ではないようで、日本人に会うことはなかったのですが、どうやら日本ブームみたいでした。
ほら、トトロが大人気。

☆DSC00405

この本屋さんの名前は「MANGA」といいます。
フランス語に訳されたマンガ、いっぱいあるのですね~。

☆DSC00254

日本のお酒もウインドゥにどどーん。
「余市」「宮城峡」って有名なお酒なのかな?

☆DSC00288

あれれ、「よつや」というお店。
雑貨屋さんのようですが、日本の古道具市でも売れないような、陳腐な品ばかり…。
どうかこれを日本と思わないで欲しい~。

☆DSC00310

広場の向こうに、宇宙帰りの方が…。
おかえりなさい~!

☆DSC00423

レンヌは、通りをはさんで古い街並みと、近代的な街に分かれているそう。
ここからバスに乗るので宿泊した街だったのですが、思いがけず素敵なところでした。
明日はいよいよ高速バスに乗って、モン・サン・ミシェルへ…。

フランスふらりめぐり1 レンヌ

フランスふらりめぐり
06 /04 2015


みなさま、わたしがフランスを旅してきたこと、もう忘れちゃったかもしれません。
「写真、お楽しみに~!」
といったまま、ちーっとも更新されないし…。

☆DSC00260-1

いえいえ、決して忘れてはいません。
言い訳をするのはやめて、遅くなってしまいましたが、暇を見つけてはアップしていきますね。
とぎれとぎれになると思いますが、そこはご容赦を!

☆DSC00286

フランスには飛行機で11時間ほど。
でも、ゆっくり本を読んだり、映画を見たりできるので、じっとしているのが好きなわたしにはそれほど苦ではありません。
今回のスタート、体調が非常に悪かったのですが、飛行機の中で治す気合いで行きました。
フランスでマスクをしていると、すごく注目を浴びます。
「コノヒト、トテモオモイ ビョウキカ!? カワイソウニ…」という目です。
すぐにマスクは外しました。

DSC06183.jpg

夜、パリのホテルについて爆睡したら、最初に向かったのは「レンヌ」という街。
TGV(新幹線のような特急電車)で行きます。
今回のカメラは2台。
まず1台は、ソニーα99。
タムロンの24-70ミリ、標準ズームレンズ1本だけで勝負。
何本もレンズを持ち歩いたこともあったけれど、レンズ交換している間にシャッターチャンスを逃すし、今ならレンズに頼らず自分の足や視点で工夫できると思ったから。
でも軽量なミラーレスにしなかったのは、やはりそう何度も行ける所でもないのでフルサイズで持ち帰りたい気持ちが強くて。

☆DSC00194

もう1本はメーカーさんにお借りしたカメラ。
がんばっていい写真を撮らなければ…!!

☆DSC00132

相変わらず、どこを切り取っても絵になるフランス。
レンヌでは、ときどき1階より2階が飛び出しているような家に出会います。
これは昔、1階の住居面積だけで税金が計算されていたからなんだそうです。
ほんのすこしでも広くしたかった気持ち、ちょっとわかる…。

☆DSC00148-1

もう閉まっていると思っていた街の教会、うれしいことにまだ開いていました。
中に入ってびっくり~。
とてもすてきな教会でした。

☆DSC00187

街の人達はいつも誇らしい気持ちで教会に通うんだろうな~と思いながら、静かに写真を撮らせていただきました。


☆DSC00025

それにしても、フランス人ってみんな足が長~い!
顔がちっちゃい。
街を歩いているだけで絵になります。
ズルイよ~(笑)

レンヌの旅、その2へ続きます!

はなちゃんのデビュー

絵本
06 /02 2015

しまじろうには、かわいい妹の「はなちゃん」がいるのをご存知ですか?
いよいよ始まったしまじろう夏のコンサートは無事初日を終えて、全国ツアーが始まりました。
わたしは、今回も会場でしか手に入らないコンサート絵本を書かせていただきましたよ。

DSC04948.jpg


「しまじろうとロボットのくに」
わたもも作詞の「ぼうけんにいこう」をはじめ、テレビで人気の歌が5曲も入って税込2000円です。
ぜひおみやげにしてください。

DSC04929.jpg


着ぐるみたちが舞台から降りてすぐ近くまで来てくれるこの舞台、今回ははなちゃんが初登場!
おはなしのなかでも大活躍するんです。
舞台が終わった後、こっそりはなちゃんに合わせていただいたのですが(役得~)、それはもうもうっ!かわいかったです!
頭をなでなでしてきました♡

DSC04923.jpg

「しまじろうとロボットのくに」
お近くの街へ来た時は、ぜひ足を運んでくださいね。
人気のコンサートなので、チケットは早めにとったほうがいいかも~。
http://kodomo.benesse.ne.jp/ap/hiroba_concert/

どうぞよろしくお願いします。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。