たっちゃんのすてきないえ

絵本
06 /29 2014
こどもちゃれんじ すてっぷ 7月号のおはなしを 書きました。
「たっちゃんの すてきな いえ」
ぶん:わたなべもも  え:マリィ カイユ

DSC07894.jpg

すてきな色使いの絵は、なんとフランスの画家さんです。
おしゃれにデザイン化された、海の世界が夢色の国に~♪

DSC07897.jpg

このお話を書くために、スカイツリーの「すみだ水族館」へ行きました。
お土産屋さんで買った、ちいさなマスコットたち。
自宅に戻ってひとり人形を動かし(ひとり人形劇場)、ぶつぶつつぶやきながら、お話を作っていきました。
決して人には見せられない姿です(笑)
お世話になった人形たち、ありがとう~。

IMG_1321.jpg

すみだ水族館は、静かで落ち着いた空間で、すごく気に入りました。
チンアナゴのえさタイムには、一斉ににょろにょろと長く伸びてえさを食べはじめます。
水槽に顔を近づけてみていると、えさが星屑のようで、宇宙みたいでした。
スマホしかもっていなくて、残念。

IMG_1328.jpg

こんなにからまっちゃうし…(笑)

IMG_1300.jpg

シロボシアカモンエビの前に、一番ながくいました。
ずーと耳を澄ましていると、話が聴こえてくることがあるんですよ(笑)
このエビはお掃除好きのおばちゃんエビで、
「いそがしい、いそがしい。
 どこもかしこも こんなに汚れて…。」
といいながら、せわしなく前足を動かして掃除しているのですが、おうちに帰りたいたっちゃんが泣きべそをかいていると、掃除のついでにたっちゃんの涙も拭いてくれるんです。
やさしいおばちゃんなのです。
物語の中では、カットされちゃいましたが…!!

すてっぷのおはなしも、すみだ水族館もオススメデス。
ぜひぜひ。



はーとふるはんど 来年の公演

手話
06 /26 2014
聾者とともに舞台を作る手話劇団「はーとふるはんど」の来年の公演が決まりました。
2015年2月21日・22日。
またまた、あの大好きな三越劇場でやらせていただきます。
けれど、去年までと違うことがいくつかあります。
ひとつは、監修にあの「渡る世間は鬼ばかり」をはじめ、数々のドラマや舞台を手掛けてこられたプロデューサー「石井ふく子先生」をお迎えすること。

今年3月の公演にも、少しだけアドバイスいただいたのですが、先生のアドバイスで「バナナ」を演出に取り入れたんです。
「なぜバナナ?」と不思議だった私なのですが、これがびっくり!
そのバナナが登場するたびに、会場がどっと笑いに包まれるんです!!
私には最後まで謎でしたが、本当に魔法のようでした。
次回は一体どんな演出が…!?
今からとても楽しみです。
みなさま、どうぞご期待下さいませ~。

できあがったばかりのフライヤー。

チラシ決定稿

チケットの発売は7月1日から。
いいお席から埋まってゆきますので、どうぞお早めにお求めくださいませ~。
どうぞよろしくお願いいたします。

三越劇場

は~とふるドキドキはんど第14回公演


監修:石井ふく子


2015年2月21日(土)・22日(日)

作・鶴川里香/演出・山辺ユリコ

出演*山辺ユリコ/穂積隆信/一谷伸江/


汐美真帆/林 美織/井関紀大/深津哲也


岩下莉子/花月 叶/渡部樹里亜/L+菌トリオ/


TC Sprout /劇団は~とふるはんど 他の皆さん・・・。

3月からの気がかり

つぶやき
06 /24 2014
ずっと気がかりだったお手紙のお返事を、ようやく書いて出した。
そのままにしないでちゃんと書こうと思っていたけれど、どんな風に書けばいいのか分からなくて、こんなに後伸ばしにしてしまった。

DSC06401-(2).jpg

書いた後も何度も読み返して、些細な言葉の使い方にも気を配って。
一晩寝かせて、今朝もう一度読んで、
「よし。」
と思って封をした。
いいように伝わりすぎても困るし、悪いように伝わりすぎても困る。
ちゃんとそのままが届きますように。


DSC06363.jpg


お返事というか、感想だけれど、まっすぐ届けてくれたものには、同じだけまっすぐな気持ちでこたえたい。
自分に何かができるとも思わないけれど、何もしなくなるのではない。
穏やかに接していたい。
どんなひとにも…。

テントウムシの雨宿り

お出かけカメラ
06 /23 2014
その日、少し気になることがありつつ、ぐずぐずと支度をして、それでもアジサイを撮りに行くと決めていたので、なんとか出かけた。
午後から雨の予報だったから、もちろん雨の準備はしている。
でも、これほどざんざんと降るなんて…。
そしてたったひとつ、小さな道具を忘れただけで、こんなに撮影が楽しくないなんて…。
道具の大切さを再認識しつつ、やる気の出ない自分にもため息…。
花の撮影が楽しくないなんて、はじめてかも。

そんなとき、雨宿りしているテントウムシに出会った。
雨宿りしていても、びしょぬれだね。
なんだかおかしくて、夢中で撮ったら気が済んでカメラをしまえた。
そんなこの日の1枚です…。

DSC06645.jpg

思い出と過ごす時間

未分類
06 /20 2014
最近、お気に入りの喫茶店がある。
カフェと書かずに、ここは敢えて「喫茶店」だ。

その空間に身を置くと、どんどん時間が巻き戻る。
LPレコードが小さなスピーカーから流れる店内。
本日のBGMはユーミン。
レコード針は手動で、1枚終わると「ぷつん…ぷつん…」という針の飛ぶ音が聞こえてくる。
もうずっと聞いていなかった音…。


IMG_1596.jpg


コーヒーには小さなビスケットが添えられ、サンドイッチは2種類を組み合わせることもできる。
特別なことはしていないけれど、丁寧に作られているものを食べると、人は幸せを感じるものだ。


IMG_1601.jpg


使い込まれたソファーと、懐かしい感じのテーブル。
星占いのガチャガチャみたいなやつ、どこにでもあったよね。(やったことないけど)

そこへは必ず一人で行く。
向かいの席には、昔の女友達や男友達、または好きだった人なんかを勝手に座らせて、いろんな思い出話をする。
ちゃっかり自分もそのころの年齢に巻き戻っていくし、
「こんな未来だなんて知らなかったね」と話す。


IMG_1598.jpg


本当は、そんな時間はないのかもしれない。
締め切りはどんどん迫ってくるし、勉強すべきことも、そろえるべきものも、出かけてゆくべきところもたくさんある。
でも、ランチタイムを思い出と過ごして、コーヒーを飲み終えると、「さて…、」と元気よく現実に戻ってゆける。
今のこの時もいつか思い出となって、未来の私が懐かしく向き合う日が来るだろうから…。

ぼうけん! はっけん! たからじま!

絵本
06 /17 2014
毎年恒例となった、しまじろうの夏のコンサートが始まりましたね。
今年は「ぼうけん! はっけん! たからじま!」です。
もちろん見に行って、周りの子どもたちに負けないくらい、楽しんできました!

DSC07780.jpg

劇中では、わたももの歌も数曲使われているし、今回は何と言ってもこの絵本!
会場でしか手に入らない、コンサート絵本の文を書かせていただきました。
コンサートに出かけた方は、ぜひ手にとってみてくださいね。
飛び出す仕掛けもあり、CDも付いて、とても豪華なお得版。
ご招待いただいた席のお隣には、なんと絵本の素敵なさし絵を描いてくださったY先生が~(喜!)
お会いできて嬉しかったです。
(ちゃっかり絵本にサインをいただきましたっ)

DSC07779.jpg

会場にはグッズが売っているのですが、この3人をゲットしちゃいました。
左から「みみりん」「とりっぴい」「にゃっきい」です。
3人とも、わたしのかわいい教え子ですよー。

でも、しまじろうだけがいません。
しまじろうは、もうすでにみんなのお家にいるものね。
私の家にはいないけれど…大丈夫。
しまじろうはいつも、心の中にいます!

お気に入りガーデン

お出かけカメラ
06 /16 2014
5月に撮影したものですが、熱海のお気に入りガーデンに行きました。

DSC05896-(1).jpg
SONY α99

バラには少し早かったのだけれど、色とりどりの小さな花たちが楽しそうに咲いていました。
口ずさむ歌が聴こえてきそう。

DSC05946-(1).jpg
SONY α99

この花、なんていうのかな。
ぴんぴんと伸びたひげの先に星型の花。
個性的な形をしておりました。
名前を知りたいけれど、ネームプレートがないのは、写真的にはうれしい。

DSC06018-(2).jpg
SONY α99

ついつい人工物を避けるようなアングルを探してしまうのですが、かわいいガーデンならではの木戸はアクセントになりますね。
アンティークな石の階段もいいなあ。


DSC05910.jpg
SONY α99

もしもバラが満開だったら、バラばかりにレンズを向けていたことでしょう。
小さな花たちに出会えてよかった。
いつもと少し違う撮り方ができました。
だけど、バラのジャムがのったアイスはしっかり食べましたよー。

DSC05989.jpg




おやゆびひめ

お出かけカメラ
06 /14 2014
アンデルセンの童話「おやゆびひめ」。
大人になって改めて読んでみると、子どものときの記憶とかなり違う印象を受ける。
「めでたしめでたし」で終われるほど、物語は単純ではなかったのだ。


DSC01726-(1).jpg

わたしはどうも主役より脇役、それも悪者扱いされやすいモグラやオオカミや魔女の物語が気になるようだ。
「おやゆびひめ」でも一番気になるのは「モグラの気持ち」。
ヒキガエルやコガネムシはおやゆび姫が「可愛いから」お嫁さんにしたがったり、連れ去ったりした。
でも、よく目が見えなかったモグラは、見た目で恋をしたのではない。
おやゆび姫に何度も歌を歌わせたのはなぜだろう。
モグラは、おやゆび姫のなにを好きになったのだろう。
自分は暗闇も平気だが、野ネズミやおやゆび姫のためにトンネルを照らしてやるなど、気がきいている。
そんなモグラだから、おやゆび姫が結婚を嫌がり毎日泣いていたことなど、きっと知っていただろう。
モグラの気持を思うと、きゅっと胸が切なくなるわたしだ。

4月のチューリップの撮影会に参加して下さったみなさんの写真を集めて、スライドショーを作っていただいた。
集まった写真はどれも素晴らしくて、わたしのイメージはどんどん膨らみ、オリジナルストーリーができてしまった。
同じ場所で、同じ光で、同じテーマで撮影したのに、ひとりひとり違う作品。
一枚一枚違う写真。
新しいおやゆび姫の世界を、ぜひ見て聴いてください。


キャメランド、ありがとうございました!

お出かけカメラ
06 /02 2014
横浜でのイベント、キャメランド。
無事終わりました。
ありがとうございました。

DSC07701.jpg

まっしろで、天井の高いすてきな洋館。
大好きなシャンデリアも。

DSC07713.jpg

大きなスクリーンに映し出されるわたもも写真たち。
話したいことが多すぎて、伝えたいことが溢れていて、前日までどの写真を削るか悩みまくりでした。

DSC07722.jpg

緊張するヒマもないくらいしゃべりまくりました。
つたないトークを聞いてくださった皆様、メーカーの方々。
本当にありがとうございました。

DSC07763.jpg

一日ずーっとサポートしてくださったSONYの皆様。
心から感謝です!

DSC07773.jpg


業界に知り合いが少ないなか、知っている顔にお会いすると、とてもほっとする…。
広島から出展された世羅高原のYさんの癒しの笑顔~。
神戸から来ていたかわいいももぐみさんたちも、どうもありがとう。
駆け寄ってきてくれて、とてもうれしかったー!
懐かしい友人や久しぶりの友人が訪ねてくれたりして、びっくりしたり。

DSC07764.jpg

SONYさんのブース入口、いちばんよき所に、「わたなべももコーナー」作ってくださいました!
ぎりぎり間に合ったアスカネットさんのマイブック、「てのひらのはなばたけ」と、手作り写真詩集「ひとひらのものがたり」。
メリケンギャラリーさんで発売中のDVD「花フォトレッスン帳」、(かわいいフライヤーも作ってくださいました!)
などなど、たくさん置かせていただきました!
なんと、DVDの申し込み専用ページができましたよ!
こちらから
これでいつでも、全国のどこの方にも、DVDをお届けできます。(メリケンさん、ありがとう~)

DSC07760.jpg

α6000の花フォトワークショップでお世話になったお花達にも、ありがとう。
毎回、キャンセル待ちが出る人気でした!

当日の様子を、いろんな方が紹介してくださっています。
digitalcamera
トンボ日記


DSC07762.jpg

会場は目をキラキラさせたカメラ女子(ときどき男子)で常時溢れていました。
人気写真家の方々(いつもそっと憧れている)のトークショーも、特等席でたっぷり聞くことができたし、
どのメーカーさんのブースも、かわいらしくディスプレーされていて、レンズを向けたり、手に取りたくなるコーナーばかり!
フォトコンテストでは、ふんわりかわいい力作がそろっていました。
(受賞された皆様、おめでとうございます!)

そして、この温かく心のこもったイベントを主催された写真家「キャメラビト」のお3人と、それを支えるスタッフの方々。
誰から言われたわけでもなく、自分たちで初めから最後までやってしまう熱い想いやパワー。
この日を迎えるまで、どれほど大変だったことでしょう。
心から尊敬いたします。
わたしも、参加させていただけて本当によかった。
ありがとうございました!

さあ~。
カメラ女子たちのパワーに負けないように、わたしもいっぱい写真撮るよー!

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。