デジタルカメラマガジン9月号 発売中!

お出かけカメラ
08 /28 2013
お知らせが遅くなってしまいましたが、「デジタルカメラマガジン9月号」発売中です!


DSC06142.jpg


撮影はこの夏のピーク!というくらい暑い日で、ユリにはすでに遅くヒマワリにはまだ早く、ちょうどお花のない転換期で何をとればいいのか悩み、下見をする時間もなくぶっつけ本番で…といろいろ思い出します。
けれどちゃんとかわいいお花に助けてもらえて(日ごろの行いの成果ですね?)、すてきな写真が撮れました!


DSC06143.jpg


思えば花だけじゃなく、たくさんの方に支えていただいたからこそできたお仕事。
ありがとうございます。

残暑お見舞い申し上げます

つぶやき
08 /21 2013
DSC05881-(1)zannsyo.jpg


まず、壁の写真をチューリップからレンゲショウマに衣替えしました。
それから、朝ごはんはスイカ。
さらに冷やし中華、はじめました。
髪はおだんご、ベランダで線香花火をして、白クマくんアイスを箱買いして…。
ようやくわたしの夏がはじまっています。

暑いけれど、うかうかしていると夏はすぐに終わっちゃうから、ちゃんと楽しんでおかなくちゃいけません。
子供の頃の、夏休みのうきうきした感じ。
畳みにごろごろして、うちわをパタパタして、靴下なんか履かないで、汗びっしょりかいたら水風呂へどぼん!
特別なことがなくても、夏というだけで楽しかったあの気持ちを、ずっと忘れないでいたいな。

開放~!

つぶやき
08 /14 2013
ようやく、お仕事、もろもろ、一段落!
この開放感、ひゃっほう~
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

なんだかずっとおやすみなかったなあ。
いつからかなあ。
ずっと不義理をしたまま、お待ちいただいていた皆様、すみませんでした。
これから順次やってゆきますので、待っていてくださいね!

今朝は早速ヒマワリを撮りに、新しくできたというヒマワリ畑に行ったけれど、あまりにささやかで、がっくし…。
世羅高原に行きたいよ~>_<
100万本のヒマワリは満開だそう!
スペインにいかずとも、広島でOKです!
よし、来年は行こう、きっと。

スカイツリー物語

お出かけカメラ
08 /08 2013
まだ梅雨まっただ中の頃の写真ですが、「スカイツリーの街をおさんぽ写真」に行ってきました。
どよ~んと重たい空の、風がびゅーびゅー吹く日でありましたが。


DSC05206.jpg


もうね、どこへ行ってもスカツリです。


DSC05162.jpg


スカツリ分身の術。


DSC05180-1.jpg


恋するスカツリ♪


IMG_0351.jpg


あらま、こんなところにもっ!


DSC05212.jpg


まるでパリの空の下。


DSC05288.jpg


夜はもちろんうっとり~。


DSC05293.jpg


いろんなスカイツリーに出会えました。
スカイツリーのある街(押上)から浅草まで歩いたのだけれど、下町風情いっぱいで、すごく面白かったです。
連れて行ってくださったのは、「シンヤノハイカイ」や「彫刻水路都市」のシリーズでおなじみの、写真家デラックス小野寺さん。
ありがとうございました。!
さすが、スカイツリーの写真集「634」を出していらっしゃるだけあって、スカツリのことも、街のことも、知り尽くしておられます。


超かっこいいHPがたちあがっていました!
見てね!

おおかみと7ひきのこやぎ

絵本
08 /07 2013
じゃんぷenglish7月号のストーリーブックは、おおかみと7ひきのこやぎでした。
文(再話):わたなべもも   絵:たちもとみちこ





すっごくかわいい絵はコロボックルさんことたちもとみちこさん。
個人的に大ファンなので、はじめてご一緒出来たのですが、嬉しくてもう舞い上がります(≧∇≦)
仕掛けもいっぱいで、特にお家の中の小物がいちいちかわいくてたまらんです
こやぎの一匹一匹がかわいい。
かあさんはおしゃれ。
オオカミのなんと憎めず魅力的なこと。
どのページも隅々までステキで、見れば見るほどうっとりします

機会があったら、見てみて下さいね

八月だ

つぶやき
08 /05 2013
いつの間にか、夏…どまんなか
あまりに日々が早くて、びっくりしてしまう。
忙しかった7月がようやく終わり、まだ振り返る余裕はないけれど、楽しかった
大きな締め切りを昨夜終え、あともうひと山というところ。
色々不義理をしたままの方々、たいへん申し訳ありません。
もう少しだけ待っていてね。
次のお仕事を広げるも、なかなか切り替えが出来ず、ちょっと遊んでしまいました
ラベルライターのしまじろうの完成度が素晴らしすぎる
お名前シールの在庫が尽きても、これからはもう大丈夫だい

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。