レコーディング♪

音楽
01 /29 2013
昨日はレコーディングにお邪魔しました。
みんな、ブログやツイッターなどに載せるからって、ちゃんと写真を撮っているのだけれど、こういう時に限ってカメラを持っていないわたしです。
ああ、早くスマホが欲しい…。


DSC06976のコピー
サイバーショットwx100

良田麻実ちゃんのブログに載せてもらったので、ぜひこちらをご覧ください。
大人数で楽しいレコーディングでした。
またまたいい歌が出来てしまったので、みなさんにお知らせする日が待ち遠しいです。


DSC06997のコピー
サイバーショットwx100


でもちょっと気づいてしまったことが…。
いつのまにか私、現場の中で1番年上ですっ!
あれれ~? いつのまに??
そして、若くて礼儀正しい人たちを見ると、「ああ、私も初心忘れるべからずだ。」って身が引き締まります。


DSC07009のコピー
サイバーショットwx100

そうそう、スタジオで確定申告が話題になりました。
今年は早くやらなくちゃね~。

サイバーショットWX200 いよいよ発売です

お出かけカメラ
01 /25 2013
昨年冬のはじめ、友だちのお子さんを撮らせて頂きました。
ときどきおはなし会にも来てくれる、かわいい男の子兄弟。


DSC07111.jpg
サイバーショットWX200

いつか撮らせてほしいなあと思っていたので、ようやく念願叶いました。
実は今回の写真はコンパクトカメラで撮っています。
だけど、背景がきれいにぼけるから、1眼レフで撮ったみたいでしょう?


DSC07100のコピー
サイバーショットWX200

男の子って、本当にじっとしていないのです。
すぐに画面からいなくなっちゃう!!
唯一動かずいてくれたのは、食べているときです。
食べながらもくるくる表情が変わって、とっても楽しかった~。


DSC07299-1.jpg
サイバーショットWX200

この日の付き添いにはパパが来てくださったのだけれど、
「いつもママはこんなに大変なことを一人でやっているのか~」
と言っていましたよ。
ををっ!
そのひとことだけで、世のママ達はどれほど救われることでしょうっ。
だけれどパパに肩車されながら、Tくんがとびきりしあわせそうな顔をしていたことも、教えてあげたいな~。


DSC07195のコピー
サイバーショットWX200


この日はぽかぽか暖かくて、束の間の楽しいピクニックでした。
コンデジって持っていないので初めて使ったのですが、かなりいろいろできます。
驚きました。
明日発売のソニーさんサイバーショットWX200.
WEBページに、わたもも写真掲載されました。
上から3つがそうです。
見てみてくださいね。

デジタルカメラマガジン2月号

お出かけカメラ
01 /20 2013
お待たせしました!!
デジタルカメラマガジン2月号が発売されました。
2月のわたもも花フォトレッスン帳は「ウメ」です。


DSC05776-1のコピー


実は「ウメ」は苦手な被写体だったんですよねぇ。
でも、自分らしく撮るコツをなんだか見つけた気がします。
仲良くなるコツは、和紙に水彩絵具で描いたような「にじむボケ」です。


DSC09767-(1)-3のコピー


そして今回はもうひとつ。
特集記事「単焦点レンズ」にも作品と記事を3つ掲載しています。
花以外の写真もあります。
15人もの写真家が登場する特集なので、探してみてくださいね!


この連載を始めて、嬉しいことがあったんです。
ひとつは、読者さんからのお便りコーナーに「花フォトレッスン帳を毎号楽しみにしています」というお手紙が載っていたこと。
嬉しかったなあ。
自分でお返事を書きたいくらいでした~。
(編集の方がちゃんとお返事コメントしてくれます。)

もうひとつは、「花フォトレッスン帳の連載はいつまで続きますか?」って最近編集室にお電話があったそう。
ををを~っ。
う、うれしい…。

貴重な温かい声援に報いるべく、わたなべもも、頑張ります!!!!!
そして3月号の締め切りは迫るっ。
ああ…。


ライブ

お出かけカメラ
01 /18 2013
昨年は、たくさん「人」を撮らせてもらった1年だったのですが、お渡しした写真がいろいろ使われているのを知ると、嬉しいものです。

もう何度も撮らせていただいたバンド「DD5」。
リニューアルしたHPの、PHOTOのコーナーに、わたもも写真も数枚載っています。
わたしのお気に入りと、彼ら自身が選ぶ写真って、いつも違うな~と思います。
だから、自分では「どうかな…」と思う写真も消さないでなるべく渡すことにしています。
ちなみに私のお気に入り写真は…


DSC01354のコピー


DSC01376のコピー


DSC01494のコピー


DSC01541のコピー

ね、かっこいいでしょう?
そして、HPに載ったのは…こちらで見てくださいませ。
結成5周年でnewアルバムも発売したそうなので、そちらもよろしく。

そして、超美少女のさきちゃんもブログの表紙に使ってくれています。
朝倉咲のまいにちいっしょ


DSC03167のコピー


さきちゃんはあんまりにもきれいだから、ファインダーを覗きながらうっとりしちゃうんですよ~。
きれいなだけじゃなくて、実力派の女優さんなので、3月30,31日のはーとふるはんど舞台「ボクのジイちゃん」もぜひ見に来てくださいね。


そして先日、久し振りにライブに出かけました。
以前、写真を撮らせてもらったことのある彼女。
ずっとずっと彼女の歌を聴きに行きたかったのですが、しばらく活動を休止していたこともあり、ようやく念願が叶いました。
ちゃんと自分の世界観を持っている、素敵な歌声でしたよ。
実は活動再開に向けた彼女のイメージフォトを撮らせていただきました。
すごーくかわいいの♪
初めてフラッシュ使って人物を撮りました。
掲載許可もらったら、ぜひ載せますね~。

そのライブには劇団仲間のろう者も来ていてびっくりしたのですが、ろう者にもいろんなタイプの人がいて、彼は何となく音楽が聴こえるからライブも楽しめるそう。
女性の高い声より、男性の低い声の方が聞き取りやすいとも言っていました。
そして、「カホン」という四角い木の椅子みたいなパーカッションに感動していました。
たしかに、リズム隊の人って身体の動きが音楽みたいですよねー。
目で見る音楽…。
わたしも釘付けでした。

ライブ、いいな。
また時間をやりくりして、いろいろ行こうと思います。

雪の日

つぶやき
01 /14 2013
東京は雪が積もりました。
静かな休日。
成人式の方々は大変だったことでしょう。


DSC01693のコピー


一歩も外へ出ずに、ベランダから撮ってみました。
雪のつぶつぶを写すには、フラッシュをたくとよいですよ。

こんな日に似合うのはあったかいココア。
ココアがない時は…そうだ、ミルクを温めて、チョコレートを削りました。
そして、ココアといえば、クッキーも欲しい。
でもクッキーなんて…。
あ。
不意のお客様用の冷凍クッキー生地がありました。
部屋の中はクッキーを焼く甘い香りが広がって、幸せ~。

雪の日はお家で暖かくしているに限ります。
去年はダウンを着込んでカメラを担いで河原に飛び出したのに。
雪カキだってしたのに。

今年は、見ていたい気分。


淋しさが教えてくれるもの

つぶやき
01 /14 2013
10年以上続いた私にとって大切なものが、今終わろうとしています。
はじまりの時があったのだから、終わりの時がくるのはごく自然なこと…そんなことも、わかっていたはずです。
わかっていても、とても淋しい。


DSC05890.jpg



昔から、「お別れ」がとても苦手でした。
それから逃れたくて、人と深く通い合うことを避けてしまうほどです。
仲良くなることは、いつかくる辛い気持ちを引き受けることだから。

なんとなく始まった会だったのに、いつのまにか皆さんのことが大好きになっていました。
淋しさが教えてくれるのは、その場所が自分にとってどれほど温かい場所であったかということ。
淋しさの大きさは、温かさの深さですね。

だから、感謝しようと思いました。
いっぱいいっぱい感謝しよう。
出会えたことに。
いっしょに過ごした時間に。

そして今、この大切なものを「どのように終わるのか」は、まだ私にも考えることができるのだという救いがあります。
また、会が終わってもお一人お一人との関係をこれからどう繋いでゆくのかは、自分次第だなあとも考えます。


さびしい気持ちを引き受けるのはつらいけれど、淋しくないよりいいな…と。
なんでもないよりいいな…と。
そう思うから、淋しい気持とちゃんと向き合おうと思います。


DSC05888のコピー


でもね、こんな気持ちが度々来ては、わたしのカヨワイ心はとても持ちませんので、仲良しの皆さん、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。


DSC05864のコピー


今年ひいたおみくじは、ふたつとも「末吉」でした。
終わりよければすべてよし。
初めはなかなかうまくいかなくても、途中もやれやれどうにもいかなくても、最後何とかなると信じて、頑張りましょうかね~。
えんやこら~。


DSC05862のコピー

謹賀新年

未分類
01 /04 2013



DSC_7672trA4のコピー


今年はどこに行くのだろう。
だれに出会うんだろう。
そして、なにを見つけるのかな。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                わたなべもも

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。