秘密の森

お出かけカメラ
11 /23 2012
ある企画で、奥多摩にある秘密の森へ連れて行っていただきました。
雨を含んだ落ち葉たちはしっとりしていて、ふかふかと足元を包んでくれます。
森の中に現れた渓流。
その水のなんてきれいなこと。


DSC01301のコピー
α65

胸まである長靴を履いて(着て?)川の中にそっと入ると、もう水たちがすぐ目の前でしぶきをあげます。
美しい苔にきれいな水滴をいくつもくっつけて…まるで宝石のよう。


DSC01330のコピー
α65


もうここで何年も生きてきたトチの木。
根元に寄りそって耳を澄ませば、昔話を聞かせてくれそう。

森にいると、静けさという音楽を全身で浴びているような気がします。
人の声も、街の気配も、すべて静けさに飲み込まれてしまうように。

DSC01424のコピー
α65

森はいつでも贈り物を用意して待っていてくれます。
それは気をつけて探さないと見つからないようなささやかなもので、探した人だけに見せてくれる特別なもの。
今日は、「透明なゼリーの中に閉じ込められた黄葉」を見つけました。

今回同行して下さった映像隊の方々のおかげで、村の人たちとの素敵な出会いがありました。
美味しいコーヒーを頂き、ストーブを囲んでおしゃべりしたこと。
手作りのお盆や、採れたてのなめこをおみやげに頂きました。
(スーパーに並んでいるそれと、全然違うのですよ~。)
帰りに寄ったイタリアンのお店では、営業時間が終わっていたにもかかわらず、貸し切りでたっぷりと地元野菜やきのこの説明を聞きながらという、とびきり贅沢で美味しい食事をしました。

この日のことは、後に形になるかもしれないので、それも楽しみです。
いつも、そこの自然に出会い写真を撮るだけで満足していた私ですが、人と出会えた今回、よりその場所が温かく特別なものになることを知りました。
秘密の森に連れて行って下さったこと、感謝感謝です。

デジタルカメラマガジン12月号 発売中♪

お出かけカメラ
11 /22 2012
デジタルカメラマガジン12月号、発売中です。
わたもも花フォトレッスン帳は「モミジ」です。


DSC09938のコピー


これから東京でもモミジの紅葉が始まりますね。
今年は浮遊しているモミジや、落葉したモミジ、そして枝を前ぼけにした絵画風のモミジなど、いつもと違ったモミジにも挑戦して下さいね。

わたしも、今年はどんなモミジに会えるのかとわくわくしています。

ダンスパーティーに潜入!!

お出かけカメラ
11 /18 2012
これはもう9月のことなのですが、カメラマンを頼まれて、社交ダンスのパーティーにお邪魔してまいりました。
初めてのことばかりで、もう大興奮だったのです!
ずっと書きたかったのですが、とても遅くなってしまいました。
ブログへの掲載許可もいただいているので、体験レポートをお届け致します♪
いざ、潜入シリーズ!(シリーズ?) ダンスパーティの巻き~。

DSC07059のコピー
α65

まず、会場がとても素敵なのです。
クラッシックな雰囲気を残すホテルの大広間で、天井からはシャンデリアの光がキラキラ。
パーティーの主催はフジカダンススタジオ。
加藤先生と三宅先生が毎年開催するダンスアワードです。
リハーサルからお邪魔したのですが、プロの先生方の緊張感、伝わってきました。


DSC07577のコピー
nex-f3


開場時間になると、続々やってくる紳士に淑女。
入っていきなりBGMに合わせ会場中央のダンスフロアで踊り始めるのです。
もう1秒たりとも踊ることを我慢できないというように…。


DSC07634-1-rのコピー
α65

バイキング形式で、おいしそうな御馳走が並んでも、目もくれないでひたすら踊るのです。
ご年配の方が多いのですが、肌が透けるようなセクシーブラウスでビシッと決めた紳士と、色とりどりのドレスをふわりとまとった淑女たちが、それはもう心から楽しそうに踊り続けるのです。
このパワーは、なんだろう。
若者たちよりずっといきいきとした喜びの笑顔が、ホール中にあふれているのです。
ぽっこりお腹の出ている人なんて、ひとりもいないのです。


DSC07706のコピー
α65

ひとしきり踊って、主催者のあいさつや、生徒さんのダンス披露や、お食事タイムのあと、大学のダンスサークルから強力な助っ人男子数名が投入されます。
をを、若い!!
やっぱりダンス人口は女性が多いみたいで、どうしても男子が足りないのですね。
ここからまたみんなで踊るのですが、今度は男女に分かれて列を作る趣向です。
誰と組むかわからない、順番がきた人とステキなお辞儀で挨拶をしたらホールの端まで踊り、また列の最後尾に並んで…を繰り返すのです。
ちょっと学生時代のフォークダンスを思い出すような…。


DSC07566のコピー
nex-f3

その次の「トライアルダンス」というのが、また驚き!
いつもは男性から女性を誘いますよね。
でも、ダンスチケットなるものを女性が購入し、お好きなお相手を記名すれば、女性から相手を指名できるというシステム。
ここでは大学生ダンサーズが引っ張りダコ。
しっかりとお姫さま方をエスコートしておりました。
さすが!
そして、踊っていないときはこっそりバイキングのご飯をモリモリ食べておりました。(みんなが食べ終わったころ、お許しが出たんだね。)
食べ盛りのはらぺこくんたち。
そしてまた、ご指名を受けて、もぐもぐしながら慌てて踊りに行く…。
うふふ、がんばれ~。


DSC07882-1のコピー
α65


後半のメインは先生ペアのダンス。
これにはもう、うっとりしてしまいました。
さすが、プロ。
リハの時と全然違うんだもの。


DSC07754のコピー
α65

社交ダンスって優雅に見えるのですが、実はすごいスピードで移動しています。
写真を撮ってみて初めてわかりました。
それから、社交ダンスの経験があるほうがシャッターチャンスをものにできます。
この日は母もカメラマンだったのですが、経験者なので決めポーズのタイミングがばっちり撮れていましたよ。

DSC07839-1のコピー
α65

そうそう、ドレスも素敵でした~。
イタリアから取り寄せた衣装、曲ごとに合わせて4回も変えていました。
周りの人たちは、自分たちの近くに来たら惜しみなく拍手をするそう。
最後のアンコールでは全員でじゃんけんをし、男子優勝者、女子優勝者がそれぞれの先生とペアを組んでみんなの前で踊るという粋な計らい。
憧れの先生と踊れるのだから、じゃんけん勝者のお二人はそれはそれは嬉しそうでした。

DSC07626-1のコピー

あとはまた自由に、時間の許す限り踊りまくる。
疲れなんてどこ吹く風。
レンズを覗くと、誰もが笑顔、笑顔、最高の笑顔…。
シャッタ-を切りながらわたしもとても幸せな時間でした。
恐るべしシルバーパワー。
なんだか人生はこの先もまだまだ楽しそうですよ~。

以上、長々書いたレポートを最後まで読んでいただきありがとうございました。



♪ないのと同じ~

つぶやき
11 /15 2012
「あ、そうそう。どこかにあれがあったはず…。」
思い出して、あやふやな記憶をたどる。

「どこにしまったんだっけ…」

DSC05493のコピー
nex-f3

がさごそと探しものをしながら、勝手にこんな歌を口ずさんでいた。
♪どこに あるのか わからない~なら
 ないのとお~な~じ~ ないのとお~な~じ~

全く…。
全くその通り。

この家は、ないのと同じものであふれている気がする。
いかんいかん、なんとかしなければ…。


DSC00596のコピー
α65

今日はある作例を撮りに、熱海まで行ってきました。
残念ながら日帰り。
温泉なしです。
でも、大好きなローズガーデン。
海がキラキラしていました。
バラは、もうほんのわずかですが残っています。
これから写真のチェックします。
いいの撮れたかな~。





秋の絵本たち

絵本
11 /12 2012
最近のおはなし会で読んでいる絵本のご紹介です。



20121110144353のコピー


見せ語りをするとき、わたしはよく自分なりのアレンジをしてしまいます。
作者が一字一句こころを込めて、何度も言葉を選び直して、一番良い形をと書かれた文だということを充分承知の上で、それでも、この絵本を一人で読むのではなくおはなし会のなかで楽しむための良い方法があれば、それを試してみます。
また、子どもたちとやり取りをしながら、何かを加えたり、省いたりも…。
わたしも同じお話書く身ですが、子どもたちに伝わること、楽しんでくれることが一番だと思うので、あえてそうしています。


DSC09586のコピー


「くれよん れすとらん」

さく・まつながあき
え・はやし るい


簡単なお話なので、大体を覚えて、ご馳走を描きながら進めます。
丸いお皿(の画用紙)にクレヨンでぐるぐる描きながら、貼りつけながら、鼻歌も交えながら…。
擬音語がとっても楽しくて、クイズ形式で盛り上がります。
ええと、スパゲッティにオムレツ、ブロッコリーと唐揚げに、デザートのいちごゼリーです。
わかるかな?


DSC09587のコピー


大好きな「よるくま」(さく・酒井駒子)。
お母さんと子どもの会話だけで進むので、とても読みやすい。
スピード感があったり、よるくまが可愛くてグッときたり、ほわっと温かい気持ちになったり…。
1999年初版なのに、2007年の時点ですでに57刷。
…読み継がれるべき名作です。


DSC09588のコピー


「はたらくんジャー」

さく・木坂 涼
え・高畠邦夫

いろんな重機が出てきて、働く車大好き~な男子にはたまらん一冊です。
読むときは声優「田中真弓さん風」に、なりきって読むと勢いでイケル気がする…。
「ぐがっとな、ぐがっとよ。」のところとか、ね。


DSC09589のコピー


「おおきな おおきな おいも」

さく・え 赤羽末吉

これもだいすきなおはなし。
今日は楽しみにしていた芋掘り遠足の日なのに、雨が降って一週間延期…。
でもね、おいもはその間にもどんどん大きくなってまっていてくれるから、大丈夫。
「どのくらい おおきくなるの?」
そこからはもう、子どもたちの世界。
スケールのでっかい、はちゃめちゃだけど、ちゃんとしている、それはそれは愉快な子どもの世界。
やっぱりやるね。
かなわないね、子どもたち。


20121013144949[1]のコピー

そして、これは私が読んだのではないのですが、「おやおやじゅくへ ようこそ」。
最高です。
親が生徒で子どもが先生。
「いつも子どもたちの世話を頑張っていますね。」と、まずはメダルをもらい、「子どもの仕事」「親の仕事」について説明を受け、トレーニングとテストまである。
聞いていた子どもたちから、鋭いツッコミあり、本音ポロリもあり、むむむ、おはなし会で読むと面白いです。

最後のコスモス

お出かけカメラ
11 /10 2012
昭和記念公園のコスモス、もう遅いかもと心配しながらも行ってみました。


DSC01233のコピー
α65


花殻が目立ちますが、選べばなんとか撮れます。
望遠かマクロレンズで、見せたくない部分はぼかしてしまいます。
背景には、紅葉し始めた樹々。
東京でも日当たりのいいところや、てっぺんの方は色つき始めましたね。


DSC01157のコピー
α65

なんと、昭和記念公園では明日からコスモスの花摘みイベントがあるそうです。
11月10日(土)は13時からコスモスの丘で。
11月11日(日)は同じく13時からみんなの原っぱ東花畑で。
入園料はかかりますが、摘み取りは無料です。
ハサミや袋は持参したほうが良いみたい。
つぼみもまだ少しはあったから、なかなかいいかもしれません。
午前中撮影して、午後から花摘み…なんてどうでしょう。
わたし、…行けなくて残念です。



DSC01260のコピー
α65


そっか、来週出向いていたら、何もないコスモスの丘だったんですね。
ぎりぎりセーフでしたっ!



ガラスの森

お出かけカメラ
11 /05 2012
こんなススキはいかがでしょう。


DSC00359のコピー
α65

虹色の玉ぼけができました。
その正体は…。


DSC00280のコピー
α65

こんなガラスたちです。
この時期はガラスのススキも登場~。
クリスマスに向けて、ガラスの巨大ツリーの準備もしていましたよ。

DSC00372のコピー
α65


「ガラスの森」って、素敵なネーミングです。
レストランがひとつあるのですが、「うかいグループ」系列なので、パスタが美味しいです。
本場のカンツォーネを聴きながら、ちょっぴりだけどベネチアへ行った気分に浸れますよ。


DSC00574のコピー
α65


湿性花園では、もう紅葉が始まっていました。



仙石原のススキ

お出かけカメラ
11 /04 2012
箱根の仙石原のススキが見頃を迎えています。


DSC00931のコピー


お天気にも恵まれて、キラキラのススキを撮ることができました。


DSC00836のコピー


震災の影響で野焼きができなかった昨年は、やや痩せっぽっちの仙石原でしたが、今年はグーンと育って背高のっぽのススキたち。
眩しく見上げるようなススキに囲まれて、幸せでした。
草を宝石に変えてしまうお日様は、やっぱりすごいなあ。


DSC00685のコピー


久し振りの更新となりました。
締め切り地獄と連日の撮影で、ぐるんぐるんの毎日。
「しっちゃかめっちゃか」という言葉にふさわしい部屋を、今日ようやく片付けました。

いつの間にかヒンヤリとしていて、秋のつもりでいるとうっかり風邪をひきそうです。
撮影にはヒートテックを着込み、昨夜はついに毛布を引っ張り出しました。
そろそろ冬支度ですね。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。