デジタルカメラマガジン11月号 発売中~

お出かけカメラ
10 /22 2012
河原や空き地、身近なところで揺れているススキ。
見かけるとなぜか懐かしく、ほっとする。
ススキはまるで、小さいころから可愛がってくれた、そして今も少し遠くから見守っていてくれる親戚のような、やさしい存在だ。


DSC06396のコピー
α65


デジタルカメラマガジン11月号発売中~。
わたもも花フォトレッスン帳は「ススキ」です。
140ページをパラリと見てみてくださいね。


271211B.gif

秋の花たち

お出かけカメラ
10 /18 2012
紅葉の前に、秋の花たちに会いにゆかねばなりません。
機会を逃したら、すごい後悔。
このあと1年も会えないのですから…。


DSC08922のコピー
α65


最近の私はなんだかもうバタバタ。
撮影の予定もどんどん伸びてしまって、ようやく彼岸花に会いに出かけたときは、ほとんど終わりかけでした。


DSC08973のコピー
α65

今年は遅めだと聞いていたので、油断してしまいました。
それでも、お天気に恵まれたその日は、大そうな人出で賑わい、売店のソフトクリームも行列。
(諦めました…涙)


DSC09251-(1)のコピー
α65


仕方がないので、昔を思い出して水を撮ったり…。


DSC09343のコピー
α65


空を撮ったり…。
そうそう、被写体は自分が気が付きさえすれば、どこにでもあるのでした。


DSC09767のコピー
α65


この調子では、コスモスまで後手になってしまいそう。
バテバテの身体にムチ打って、とりあえず出かけてきました。


DSC09801のコピー
α65


昭和記念公園のコスモスは、まだまだ大丈夫。
丘のほうは蕾がたくさん。
レモンイエローのコスモスも終わりかけのとなりに、小さいけれど時期をずらしたきれいな花壇がしつらえてありました。
もう一回撮りに行けるかな。


DSC09830のコピー
α65


ここのところ、やりたいことがいっぱいで、時間の使い方が至ってどんくさい私としては、もうぱんぱん。
でもね、とっても嬉しいのです。


DSC09852のコピー
α65

昔、なんにも出来ない女の子だったわたしが、今、いろんなことができるようになって、やらされていることではなく、自分のやりたいことばかりがこんなにたくさんあるなんて。
なんてなんて幸せなんだろう。

だから、時間がかかるけれど、のんびりもしたいけれど、「やりたいことは全部やる」の精神で、今夜ももうひと頑張りです。
うんとこしょ どっこいしょ。


千畳敷カール

お出かけカメラ
10 /17 2012
昨夜の帰り道、金木犀の香りに気が付きました。
例年より1週間ほど遅かった気がします。
いよいよ秋本番を迎えますね。


DSC09622のコピー


なんどか写真(素敵な)を見てはため息をついていた場所…南アルプス「千畳敷カール」へようやく足を運びました。
氷河の氷によって削られた、この鋭い岩山たち。
超かっこいい!!


DSC09529のコピー
α65


紅葉には少し遅かったのですが、カッコよさはかえって際立ったかもしれません。
夏には多種多彩な高山植物が競い合うように咲くそうです。
そうと聞いてはまた来なくちゃっ!


DSC09632のコピー
α65

山の中腹は、ちょうど見頃です。
雲ひとつない晴天に恵まれ、黄金に輝いていました。


DSC09698のコピー
α65

ロープウエイを降りたら目の前に絶景が広がるので、ハイヒールで来ている女子もいました。
ピッケルを持ったハイカーや山ガールたちも。
頂上までは40分ほどの初心者向け登山コースだそうで、あのとんがりのてっぺんに、ゴマ粒ほどの人がちらちら見えました。
わたしにはもちろん、ムリ~。


DSC09441のコピー



大丈夫。
そんなわたしのような人々のために、ぐるっと散策コース約1時間が用意されており、充分楽しめます。
運よくボランティアのガイドさんに出会えば、写真を撮ってもらえたり、あらゆる質問にも答えてもらえますよ~。


DSC05397-1のコピー
nex-f3


紅葉はロープウエイから見るのが一番きれいでした。
レンズをぴったり窓ガラスにつけて撮影。
なかなかきれいに撮れました。

DSC05395-1のコピー
nex-f3


今年の夏は暑くて長かった分、美しい紅葉が期待できるとか。
暑さを頑張ったご褒美、みんなで満喫いたしましょう~。



今年も、トライアングル*ミモザ

絵本
10 /11 2012
カナダの旅行記も終わっていないのに、バタバタしてしまって、間があいてしまいました。
旅の思い出とともに、カナダスナップも、引き続き載せようと思います。
お楽しみに。


DSC05128のコピー
NEX-F3


バタバタの間、いろんなことがあったのですが、まずはこれ。
声優さんといっしょに楽しむおはなし会、トライアングル*ミモザ。
今年も楽しくやらせていただきました。
いつも、お客様が来てくださるかとても心配なのですが、
「気にしないよ。たったひとりだっていいんだよ。」
といってもらい、気持ちがすごく楽になりました。


DSC05314のコピー


わたしが読んだおはなしは、昔「こどもちゃれんじ」に載せていただいた「ぐつぐつことこと おなかがぐー!」というおはなし。
もうひとつは、紙コップを使って「あかずきん」を演じました。


DSC05313のコピー


声優さんのお仕事は、子どもには理解しがたいと思います。
アニメのキャラクターに別の声の人がいるなんて思ってもいませんから。
でも、ひとりなのに次々いろんな声に変わる不思議、きっと感じてもらえたと思います。
今回は一人の女の子がお姉さんになり、夢を叶えてウエイトレスさんになり、最後はおばあちゃんになるという声の変化を演じてもらいました。
子どもたちも声の魔法の先生に教わって、ウエイトレスさんの声を練習してみましたよ。

思えば、「おままごと」や「怪獣対ヒーローの戦い」では、子どもたちも知らず知らずのうちに声の魔法を使っているんですよね。
とても身近なものなんだと思いました。


DSC05315のコピー


最後にふたりで一緒に読んだ紙芝居「なんにもせんにん」は特大サイズ。
右が普通サイズの紙芝居なので、どれだけ特大なのかお判りでしょうか~?
日本昔話に挑戦してみました。
なんにもせんにんの声、目玉おやじみたいでかわいかったな(笑)。

声優さんの読むお話を生で聴くのは、とても贅沢。
おかあさんたちが、うっとり耳を傾けているのがよくわかりました。
できれば1年に一度、来年もできるといいな。
少しずつ、自分たちのミモザスタイルを見つけていきたいなと思います。
そして、呼んでもらえたらどこへでも出張お話しサービスして、いろんな子どもたちに会いに行きたいな~。
(これは、わたしだけの密かな野望ですが…笑)

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。