写真洗浄ボランティア

つぶやき
07 /26 2011
気仙沼から段ボールが数箱、羽田に届く。
津波をかぶったアルバムがぎっしり。
そのほとんどがまだ濡れている。


ハス1

いつもはANAさんの社員食堂だという広い部屋に、敷き詰められたブルーシート。
部屋を汚さないように。テーブルを汚さないように。
薄手のゴム手袋。マスク。カッター。ハサミ。ぞうきん。洗面器。たっぷりの水。大量の洗濯バサミ。
それらを使って3つのグループに分かれ、作業をする。

hasu

第1グループは、アルバムから写真をはがす。
海水を含んで数か月が経つ写真は、バクテリアによる腐食が進み、どろどろになってしまったものも多い。
けれど、人物が写っている真ん中部分はまだ溶けていない。救出できる。
丁寧にアルバムの台紙からはがす。フイルムをはがす。

第2グループは、はがした写真を水で洗う。
すぐに汚れてしまう水を何度も変えながら、丁寧に洗う。
顔部分ができるだけながれてしまわないように。
洗浄によりいったん腐食は止まる。
流れた部分は、ただ白くなってしまう。
ほとんどが白くなってしまう写真もある。
洗ったら、部屋に渡した何本もの紐に、洗濯バサミで干す。
数台の扇風機が乾かすための風を送っている。

第3グループは、乾いた写真をポケットアルバムに入れる。
写真がばらばらに混ざってしまわないように、それぞれ工夫がされている。
ポケットアルバムの表紙には四角い窓が開いており、持主の手がかりになる写真が覗いている。
写真が落ちないように、ホッチキスで止める。
きれいになったアルバムを、また気仙沼へ送る。

ハス3

わたしは、第1グループで、泥をかぶった何冊かのアルバムと向き合った。
「これはひどい」と思うどろどろのアルバムの中に、奇跡的に残っている人物写真と出会う。
「絶対に救わなければ…」
パパに抱っこされた、生まれたばかりの赤ちゃん。
修学旅行のクラスメートと笑っているセーラー服。
写真館で撮った、ぴかぴかランドセルの1年生。
となりで作業していた人は結婚式のアルバムで、
「いま、ケーキ入刀です。」
「いよいよ感動の、両親に花束贈呈です。」
と、気持は招待客のひとりだ。

人物の写真を無事救出できると、なにかその人が助かったような不思議な喜びがあった。
これらの写真は、きっと持主にとって、明日を生きるための「お守り」になってくれると思った。


ハス4



この「ハートプロジェクト」を立ち上げたのは目黒区のいち写真屋さん。
たったひとりの呼びかけに、たくさんのボランティアさんが応え、場所を貸してくださる方が賛同し、ついに今月で気仙沼のアルバムはすべて洗浄を終えるそう。
果てしないと思えたことも、まずは誰かの1歩からだ。
とてもとても素晴らしい。

雑貨熱

かわいいもの
07 /20 2011
物が増えすぎて、最近がまんしていた雑貨好き。
再び熱が出てしまいまいました。


マチ針さん


だって…かわいすぎます。
マチ針さんです。
わたし、お裁縫するのでしょうか…?


ボタンさん


ボタンさん。
私のボタン好き、有名ですよね~。
こんなに集めてどうするのでしょう。

やはりやはり、ハンドメイドに弱いらしい。
この二つは「sunomoto」さんの作品です。


便せんくん


レターセットは「ツメサキの世界」さん。
お手紙、書きたくなります。
字が下手なのに…。

だけれど、かわいいものって手元に置いているだけでにんまり幸せになるのです。
使うためだけじゃないのです、きっと。


銀色さんライブ


さて、「銀色夏生さん」のライブ「偶然を聴く会」に行ってきました。
グランドピアノがある素敵なお店。
銀色さんのトークを挟みながら、みんなで静かに、一曲一曲を丁寧に聴きました。
銀色さんの歌は、聴くたびに「はっ、そうか。」と歌詞の意味が急にわかったり、発見?のような、味?のようなものがあります。
その度に、銀色さんとわたしを結ぶ鎖?みたいなものがカチャリっと繋がります。
近くでお会いして、吸い込まれそうな「鋭い瞳」だなって思いました。
それは、谷川俊太郎さんにお会いした時の印象とすこうし似ています。
今でも遠い遠い人。
握手してもらったのに、夢のなかの出来事みたいです。

月明かり

お出かけカメラ
07 /16 2011
今宵は満月でしょうか?


月明かり


ベランダから、きれいな月が見えます。
多摩川にも、金色の月明かりがきらきら。

今日届いたばかりのSONY75-300ミリレンズで、さっそく…。


満月


トリミングしていますが、しっかりクレーターまで写ります。

7月のおすすめ絵本

絵本
07 /15 2011
悲しいことがたくさんあった海…。
でも、子どもたちには海を大好きでいてほしい。
7月のおはなし会で選んだのは、「ジンべエのなかまさがしのたび」です。


ジンベエ


作者の「くのきょうこ」ちゃんは、お友だちです。
獣医学部卒業の動物、とくに海の生き物が大好きという彼女の描く絵は、単純化されていても生物学に沿っていて、自分探しがテーマの芯のある物語です。
「ジンべエ」はジンべエザメ。
本物、観てみたいなあ。
彼女は感動することがあるとおはなしを書くそうで、「最近は感動がないから書けない~」とつぶやいていました(笑)


もう一冊、こちらは小学1年生のおにいちゃん(がいるママ)に読んで欲しい。


おこだでませんように


おり姫とひこ星以外の新しい七夕のおはなしができましたね。
「たなばたさま ありがとう。
 ほんまに ありがとう。
 きょう、ぼくは ものすごくしあわせです。
 おれいに ぼく もっともっと ええこになります。」
最後のページは、しあわせそうに眠る大そうなネゾウの彼の絵で終わります。
よかった、よかった。


ブルーベリー


おやつはブルーベリー。
そろそろスイカが食べたい季節ですね~。

あの日

つぶやき
07 /14 2011
もしも 過去のどこかに もう一度もどれるなら…
あなたはどの日を選ぶでしょうか。


歪んだ青空


ピンクの小さなカーテンの、白いワゴンに乗って、どこへ行くともなく街をぐるぐる回っていたあの日。
「コーヒー牛乳のうた」や「天才バカボンのうた」を歌いながら、みんなでげらげら笑っていた日。

わたしは迷わずあの日を選びます。


小さなベルの花


銀色夏生さんのアルバム「偶然」を聴いています。
どの歌も良くて、聴くたびに思い出すことがいろいろで、きゅんとしたり、うるっときたりします。
4曲目の若葉の頃、本当の歌詞は
「もしも 過去のどこかでやり直せるなら…」です。

やり直せたとしても、同じ道を選ぶでしょう。
だけど今度は、もっとひとつひとつにしっかり向き合いながら進む…と思います。

そして、もうもどれないと知っているから、あの日が輝く…のかな。


♪ぼくは 迷わず あの日を選ぶ
 はるか昔の あの日を… 選ぶ

気仙沼

つぶやき
07 /11 2011
一日ボランティアで宮城へいってきました。


唐桑1


移動手段もなく、寝袋や食料を持っての本格的なボランティアは出来そうになく、かえって足手まといになってしまいそうな私。
けれど、どうしても被災地へ行ってみたかったのです。
そこへ行かなければわからないことがある気がしたのです。
そして、2泊3日のバスツアーを選びました。


かわらの撤去



どこへ行って何をするかは、当日にならなければわかりません。
バスで宮城に移動するのに7時間ほどかかってしまいます。
被災地近郊は自治体やボランティアの方々ですでにいっぱいということで、海から3時間ほど離れた鳴子温泉に宿泊。
次の日、RQというボランティア団体と一緒に気仙沼の唐桑(からくわ)というところへ行くことになりました。


折れた電柱と青空


やったことは、重機が入れないところの瓦礫の撤去作業とカキ養殖のお手伝いです。
女性が細かなガレキまでひとつずつ集めて1輪車に乗せ、男性が1輪車をトラックが入れる場所まで運びます。
カキは、種ガキを縄にひとつずつ挟み込んで、最後は漁師さんと一緒に船に乗り、海に吊るす作業のお手伝い。
はじめてやることばかりですが、教えてくださるので誰にでも出来ます。


川に船


養殖していたカキは、すべて流されてしまったそうです。
ですが、松島にまだ種ガキが残っていたので、時期的にはもうギリギリだけれど、やってみることにした…と。
この日は良いお天気のすこんとした青空で、海からの風が気持ち良くて。
海は…とても穏やかできれいでした。
けれど振り向くと、ぺしゃんとつぶれたままのお家や、ぐにゃりと折れた電柱や、一見無事に見える家と裏山の間に挟まった横倒しのお家など、たくさんの現実がありました。
まだまだ人の手が足りない、まだまだやることがたくさんある、と思いました。

一方で、被災地の方々がもう前を見ていらっしゃるのだということも感じました。
「来年の秋には、今日のカキが育っているから、また食べに来て。」と言っていた漁師さん。
海の男のかっこいいパワーが満ち満ちていたなあ。
わたしはすべてを見たわけではなく、ただ一か所の一点に触れただけです。
被災地の現状によっても大きく違うのかもしれない。
けれど、頑張る場所がちゃんとあることは、福島から避難されていた方々との大きな違いだ感じました。


巨釜


トイレは海岸から車で5分の「巨釜(おおがま)」の公衆トイレを借ります。
ここのドライブインが唐桑のボランティアセンターにもなっているようです。
すごくきれいなところでした。


巨釜2


30人ほどのツアーで、年齢は私がちょうど真ん中くらい。
女性のほうが少しだけ多かったかな。
ひとりで参加している人も多かったです。
長靴やマスク、ゴーグル、軍手、帽子、かっぱなどは各自が持参しました。
少々お客様になってしまうのは否めませんが、現地でお金を使うのも復興のひとつとか。
鳴子温泉、いい温泉で、ご飯もおいしかったです。
たった一日のボランティアでバリバリ筋肉痛になってしまった私を元気にしてくれました。
行く前は「匂いがすごいらしい」とか、「ハエがすごい」とかいろんな噂を耳にしましたが、匂いは全くなし。
ハエは確かにいますが、人には一切寄ってきません。

今回一番感動したのは、宮城の緑の美しさです。
どこもかしこもあふれるような瑞々しい勢いで、もりもり茂っていました。
杜の都…さすがです。
東京に戻ってコンクリートの街を見たとき、そこにわずかな緑を見たとき、「元気ないなあ~」と思いました。
こんな時でさえ、宮城の自然に癒されていたのです。
今回は写真を撮りに行ったのではないのですが、いつかちゃんとカメラ持って、美しい宮城を撮りにいこうと思います。

そして、ずっとやりたかった写真洗浄のボランティア。
東京でも出来るようです。
羽田吉祥寺鶴見など。
これ以上時間が経つと侵食が進んでしまうので、この夏が勝負だそう。
わたしもできる範囲で参加します。

SONY NEXがバージョンアップ!

お出かけカメラ
07 /05 2011
先日、SONYさんからNEX―C3が発売されました。
体験会に伺ってきたのですが、まり子先生のお話、すごく楽しかったです。
そして、写真もきれいだった~。


ストラップをつけるととてもかわいかったので、わたしのNEX-5くんにもつけてあげました。
うふふ、新鮮です。
お友達に頂いたレースのゆらゆらがお気に入り。


ストラップ


C3では、ピクチャーエフェクト(色遊びができる機能)が付いていて、「わあ、いいなあ~。ほしいな~。」と思ったのですが、なんとわたしの5でも、バージョンアップすればできるそうです。


トイカメラ


はい、これは「ハイキー」に設定した写真です。
ダイヤルを回すだけで、簡単に設定変更できちゃいます。
ダウンロードもこちらのページから。
ページの下のほうに「ファームウエアアップグレードのお知らせ」というのがあって、そこからあっという間にダウンロードできました。
わたしにもできたのだから、みんなにも簡単にできるはず…。


トイカメラ


こちらは「トイカメラ」。
なかなかいい感じ。


レトロ


そしてこれが「レトロ」。
今いちばんのお気に入り。


最後にびっくりの、こんなのいかがでしょう。
「パートカラー」のレッド。


レッド


モノクロに赤だけがぽっと色付きます。
他にも緑だけ、青だけ、黄色だけ、などの設定が可能で、被写体探しが楽しくなりそう。
ピクチャーエフェクトの機能は全部で8個もついているから、まだまだ遊べます。


新機能がダウンロードできるなんて、親切だなあ。
NEXといっしょに、これからもいっぱいお出かけするぞー。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。