菜の花畑

お出かけカメラ
05 /31 2011
今日も4月のお話です。
ずっと更新できずにいたので、書きたいことがたまったまま…、振り返りブログでごめんなさい(笑)


菜の花1


すごい菜の花でしょう?
でも実は家の前の河原なのです。
毎春ここに出現する菜の花畑…。
ぜひ一度撮りたいと思っていました。


菜の花2


ご近所さんのMさんにモデルをお願いして、やっと念願かないました♪
うむうむ、やはりMさんには菜の花が似合うなあ~。
思った通りです♪


菜の花3


ここは時々ドラマの撮影にも使われているそうですよ。
そうそう、紫陽花のきれいな公園も近くにあるのです。
またMさんを誘って、いってみようかなあ~。

楽しかったこと あれこれ

音楽
05 /31 2011
打ち込みでオケをつくるレコーディングがほとんどというなか、先日のレコーディングは衝撃的でした。


不思議な樹


まず、デモテープの1番だけを聞く。
歌い手さんと一度軽く合せるだけで、すぐ本番録り。
1本目のギターに、2本目、3本目と音を重ねていく。
はい、終わり。

歌詞とメロディーは同じだけれど、確かにわたしの歌だけれど、デモテープとは全く違う歌が、目の前で次々生まれてゆくという、ハートがぐるぐると目を回すような体験をしました。
5時間ほどで7曲の録音…。
指先から、アドリブがいくらでもあふれてくるかのようなギターを弾かれるのは小畑和彦さん
スタジオミュージシャンって、本当にすごいなあああ。
そして、生の音ってやっぱりとことん心地よい。
ギターと歌だけで、あの完成度…。

短い時間で譜面おこしからやってくださったボーカルは、あきさん
彼女の声は、大好きな八神純子を思い出させてくれるような大らかで繊細な歌を産みます。

自宅を改造して本格スタジオを作ってしまったエンジニアの元道さん。
すごくよい雰囲気のなかレコーディングできたのは、明るいこの方のお陰です。


風のポピー


この日、全員を知っているはずのプロデューサーさんが緊急入院してしまい、みんなが初対面という境遇だったにもかかわらず、この3人のものすごいチームワークで、プロのお仕事を見せていただき…。
わたしだけが何もしないまま、ずううっと感動の嵐のなかでもみくちゃにされ…。
あっという間に、5時間が終了しました。
はああ~、行ってよかった。
歌を甦らせてもらったことも、とてもしあわせ。


銀色さん


銀色夏生」さん、ご存知ですか?
詩人、作詞家、エッセイに小説にイラストも漫画も描かれます。
銀色さんの世界が大好きな私。
なんと、生「銀色さん」に会ってきちゃいました!!
3人でトーク!という講演に行ってきたのです。(4月のことですが…)
上の「銀・ま・ミ」がチケットです。(手書きです)
三人で1文字ずつ書いたんだって(笑)。

銀色さんの言葉に出会ったのは、心の海のいちばん深くに沈んで、じっと身を潜めるように暮らしていた時期でしたから、すごおく影響を受けたと思います。
ほとんどの本は読んでいるので銀色さんの家族はまるで親戚のように思えます。
憧れの人に会うのは、うれしいような…もったいないような…。
これからもファンとして、遠くからずっと見ていようと思います。

雨の日のバラ

お出かけカメラ
05 /28 2011
関東も梅雨入りしましたね。
昨日も雨が降りそうで、出かけるのを迷ったのですが、思いきって神代植物園に行きました。
案の定、着いたとたんに雨…。


ブルームーン


でもね、雨の日のバラってとてもロマンチックなんです。
強い日差しの下よりも、花色もしっとりして。

傘にカッパにタオルにビニール袋に…と装備は少々大変ですが、いつしか雨もやみ、雫をたっぷり乗せた花びらが目の前に~。
これってご褒美ですよね。


ばらと雫


この日は写真教室があちこちで行われていたようでしたが、なんと、懐かしい先生にお会いしました。
以前教えていただいたことのある先生で、私のことを覚えていてくださいました。
懐かしい~。嬉しい~。
その教室のころのメンバーとはもうずいぶん変わってしまったようですが、お二人だけ知っている顔を見つけることができました。


ショートケーキみたい♪


「花霞(はながすみ)」というとても可愛いバラがありました。
まるでショートケーキみたいです。
「おいしそ~う」と思いながら撮りました。
我慢できす、ケーキを食べて帰りました。


スリジェのケーキ♪


バラ園はそろそろ見ごろ過ぎです。
まだの方はお早めに。
ケーキが食べたくなったら、調布駅近くの「スリジェ」がお薦めですよ♪

頑張っていること いろいろ

つぶやき
05 /26 2011
昨日はいいお天気に恵まれて、撮影取材でした。


ポピー


撮影現場に同行していただくお仕事は3回目。
望遠レンズと広角レンズの特集記事です。
はじめてお会いする編集の方でしたが、優しく気さくな方で、まだまだ緊張はするものの、楽しく撮影できました。

これから頑張って原稿書きます。
発売をお楽しみに!

ホウノキ


さて、細々とでも手話を続けたい思いで参加している「はーとふる・はんど」ですが、4月に無事公演を終えました。
プロの役者さんをお迎えしてのお芝居では、お稽古から本番まで、はじめてのことばかりで、「あああ、こうやってお芝居は作られていくのか…。」と興味津々。
みなさんと同じステージに立てて、感動でした。
そして、反省もいっぱい…。


お芝居


1年間練習してきた手話ダンスは、ちょっと間違えながらも、楽しく踊れました。
お客様と目が合うと間違えてしまうので、絶対に見ないようにしましたが…。


よさこい


舞台裏はてんやわんや。
4回の公演は駆け抜けるように終わってしまいました。

去年の公演は客席で見ていました。
踊っている皆さんの心からの笑顔が、キラキラ眩しかったことを覚えています。
今年はわたしもキラキラできたのかな~。
手話を一緒に勉強していた友人が「教室のときより全然楽しそうだったよっ。」って。
そりゃそうだ…。

これからまた次の公演に向けて、練習が始まっています。
まだまだみなさんについて行く日々ですが、楽しく頑張ります。

***** ***** *****

ソニーさんの5月の壁紙はわたもも写真です。
よかったらどうぞ♪→こちら

ぷうぷかぷわん

音楽
05 /24 2011
久し振りのキッズステーション「ハッピー! クラッピー!」。
以前ブログにもご紹介した「ぷうぷかぷわん」が5月の歌として登場していました。

こちら


いきいきとした、元気の出る歌声です。
みなさんは、どんな気持ちを閉じ込めながらしゃぼんだまを膨らませますか?
届けたい人の所に飛んでいけばいいけれど、きまぐれな風に乗ってしまうところが…うまくいかないものです。


ピンクの花


ソニーさんの5月の壁紙はわたもも写真です。
よかったらどうぞ♪→こちら

1000smiles(せんすまいるず)

つぶやき
05 /22 2011
ふたりの写真家、山本まり子さんときょん♪さんの呼びかけで作られた動画、【<東日本大震災復興支援>1000枚の折り鶴写真で動画をつくるプロジェクト「1000smiles(せんすまいるず)」】が完成し、You Tubeにupされました。




震災の後、何もできずに悶々としていた私は、おふたりの写真が大好きだったこともあり、すぐに参加させていただきました。
1000枚の写真を集めること。
丁寧にひとつひとつを扱いながら、それらを編集する膨大な作業。
おふたりのお人柄が伝わってくる、あたたかな、それでいてセンスあふれる素敵なムービーです。

自分にできる事をなにかやりたいと思う気持ちを抱く人は多くても、それをやると決め、多くの人を巻き込んでプレッシャーを背負いながら、最後までやり遂げることは誰にでも簡単にできることではありません。
おふたりのされたことに、集まった1000枚以上のあたたかい写真に、心から敬意を表します。

どうか、みんなの気持ちが被災された方々に、そして日本中すみずみにまで届きますように。


1000smiles


通っていたスタジアムも避難所としての役目を終え、無事閉鎖となりました。
ボランティアで出会った人たちは、それぞれ個性的な生き方のかたが多くて、ちょっとしたおしゃべりも楽しかったな。
終わっちゃうと少しさびしいけれど、終わることはいいことなのだから…とまたそれぞれの生活に戻っていきます。
わたしは結局、歌でもお話でも写真でも、なにもできなくて、それは今の自分の中途半端さがくっきりとしめされたような気がしますが、日本に住まうひとりの人として、これからもできることを見つけてはこつこつとやっていこうと思います。
自分の中に、何かを刻むような気持で。



kabegami


ソニーさんの5月の壁紙、WATAMOMO写真です。
よかったらどうぞ。
こちら

壁紙になりました!

お出かけカメラ
05 /16 2011
とっても嬉しいことに、ソニーさんの5月の壁紙に、わたもも写真が採用されておりました!

ブラボー!!

みなさん! もしよかったらパソコンの壁紙をわたもも写真にいたしましょう~!
5月後半は、ゆりの花園に癒されてくださいませ~。




朝一番のポピー


そして今朝は早起きをして、公園の門が開く前からスタンバイ。
朝一番のポピーの丘を撮影してきました。
なぜ朝一番が必要かと申しますと、人気のスポットなのでどんどん人であふれてしまうからです。
人物までが写ってしまうからです。
まだ、誰も来ていない昭和記念公園のポピーの丘は、ちょうど見頃を迎えておりました。

てをつなごうだいさくせん

つぶやき
05 /09 2011
てをつなごう


こどもたちの大好きなキャラクターが勢揃い。
企業や組織の枠を超えて手をつなぎだしました。
てをつなごうだいさくせん」…はじまっています。
すてきです。
子どもだけでなく、おとなの目もキラキラしてしまうのでは?
しまじろうも手をつないでいます。
政治家も、枠を超えて手をつなぐ時ですよね。


バラ


近所の避難所スタジアムは、もうここでの生活が2か月になること、他の避難所から移ってきた方の合流などで、ちらほらとトラブルが起き始めました。
「怒ること」は「泣くこと」に似ていると思います。
どこにぶつけて良いのかわからない怒り、不安…。
そうしていなければ、そこに立っていられない、息をしていられない方もいらっしゃるかもしれない。
また、選んでここにいるわけではない。気の合う人同士ではない。
いろんな人がいる、ということでもあります。
いい時や心暖かいことも、もちろんたくさんあります。
けれどそれだけではなく、そこで起きるすべてを受け止めることもボランティアの役目なのだと思います。


綿毛


ふんばろう 東日本支援プロジェクト
被災した仙台の友人のブログで知りました。
これはいい。
これなら、わたしにも出来そう。
ブログには、「どうぞ わすれないで」とありました。


つつじ


こちらも、知人から教えてもらったものです。
復興の狼煙(のろし)」

テレビを見ていると今でもたまに、あの頃ずっと流れていた「AC」のコマーシャルを目にします。
一瞬で、あの時のはりつめた感じがよみがえってきます。
「平和は当たり前ではない」こと、すぐに忘れてしまうから、これからも意図的にときどき流したらいいのになと思います。




繋がってゆく

音楽
05 /04 2011
自粛ムードが強かったライブ活動なども、経済の滞りを防ぐため少しずつ再開し始めました。
先日は、武蔵浦和の「58カフェ」さんへ知り合いのライブを観に行きました。

ライブ1


音楽って、人とのつながりなんだなあ~とおもいました。
この人はこの人から紹介されて、この人はこの人に紹介して…。
そうしていつしかみんなが知り合いになっている。
みんなが繋がっていく。


ライブ2



中西里絵ちゃんの歌声は、どこまでも真っすぐ。
低く垂れこめた雨雲を、すこんと吹き飛ばして晴天にしてしまう清々しさ。
たった1曲でみんなの心を晴れやかにしてしまう。
いつも一生懸命で、頑張り屋さんで、明るく礼儀正しい里絵ちゃん。
もうすぐ嬉しいニュースがあるみたい。
ガンバっている人が認められるのは本当にうれしい。
これからが、ますます楽しみ。


ライブ3


プッシュプルゆーすけさんと、NEO KEYSのNAOさん。
この作曲家お二人を繋げたのはわたしでした。
初ユニット。
二人の声はなかなかうまく溶け合うことを発見。


ライブ4


出演者、全員集合。
石野ゆうこさんは、なんと小6のときスカウトされて、鍛え上げられた実力派シンガー。
パーカッションの花城さんと「東京まんが」というグループでも活動されています。


ライブ5


それにしても、花城さん。
インパクト強すぎですよ~(笑)
そして、もうYou Tubeがupされている!をを~っ!

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。