非常時の子育て支援サイト

つぶやき
03 /25 2011
長いおつきあいの親友、「しまじろう」が、被災地の子どもたちにメッセージを送っています。

こどもちゃれんじのこちらのサイトからどうぞ。


そのなかに…「頑張って」「我慢して」ではなく、「大丈夫だよ」「守るからね」と言葉をかけることで、子どもは安心できる…とありました。
これって、おとなでも同じですよね。

少しでも、子どもたち、そしてママたちの助けとなりますように。



春の片隅



そしてわたしはというと、ついに…ここ数年おとなしかった花粉症が久し振りに顔を出した模様。
停電キャンドルナイトのなか、さらさらのお水が鼻から流れ続けるのを止めることはできない。
う~~~、ついに来たか。
でも負けない。
今、身体に言い聞かせているところ。
「風邪じゃな~い、風邪じゃな~い…」(笑)

歌のはじまりは祈り

未分類
03 /23 2011
山元加津子さんのブログで、歌に出会いました。

そう、歌のはじまりは祈りだったよね。

♪微力だが無力でないはずだから…。

みんな何かせずにはいられなくなっている。
そんな気持ち、すごくよくわかる。
急いで作って、家でお母さんと歌っている、力強くて暖かい歌。


「ぼくの願い」CO906(こころ)

日本を信じる

音楽
03 /19 2011
震災から1週間が過ぎても、まだまだ深刻な状況が続いています。
そんななか、避難所の高校生が「自分にできることを」と笑顔でボランティアとして頑張っている姿や、「大丈夫。必ず復興できる。」と、おじいちゃんの力強い言葉などに、わたしのほうが元気をもらいました。
今も原発にとどまり、戦ってくださっている方々…。
「日本を信じよう」
そう思いました。
案じてばかりいられない。
わたしも頑張らなくちゃ。
心配していた気仙沼の友人ともようやく連絡がとれました。
グーグルで名前を探すとき、ボタンを押すのがとても怖かった。
このまま、知らないほうがいい…と思ったりした。
…無事で、本当によかった。



さくら




「強くなったきみへ…」

                     わたなべもも

すべてなくした 手のひらのなか
ひかっているものがある 涙に紛れて
立ち尽くしてる この場所でしか
描けない物語を 聞かせてほしいんだ
強くなったきみの歌が この空に響いてる
 永遠ほどながい 冬の終わり
 春がほら 顔をだすよ
 つらい風はいつか 花の香り
 髪をまた撫でにくるから
 はじまる季節感じて…きっと


「なにも持たない」そんな生き方
似合うひとになってゆく 自由な翼で
笑い話に とてもできない
それでもお守りになる いつもこの胸の
強くなったきみの背中 誰よりも見てるから
 遠すぎると泣いた あの日の夢
 手を伸ばす先にあるよ
 忘れかけた笑顔 戻りはじめ
 優しさを返してゆける
 ひとりじゃないと気付いて…きっと

 永遠ほどながい 冬の終わり
 春がほら 顔をだすよ
 つらい風はいつか 花の香り
 髪をまた撫でにくるから
 はじまる季節感じて…きっと




この歌は、阪神淡路大震災の時、神戸の街が復興してゆくのを見て、感動して作ったもの。

東北被災地の方々をすべて。
はじめの一人から最後の一人まで。
すべての人が笑顔を取り戻してくださるまで、その笑顔のために頑張りたい。

だから、「日本を信じる」。


*3月11日発売の「写真の教室」(日本カメラ)春号に、花写真8点載せていただきました。
「ぼけが美しい魅力的な花のフレーミング術」写真・解説 わたなべもも
きれいな色に出していただき、嬉しい。

タイトルが付けられません

つぶやき
03 /14 2011
震災のようすが見えてくるほど、どんなに酷く、恐ろしく、悲しい惨状であるかがわかってきました。
信じられない数字が、テレビに貼りついています。
現地の方が何より辛く悲しいのに、気丈にインタビューに答えていらっしゃる姿に胸が詰まります。

連絡の取れない友人もいます…。

わたしに何ができるのか、今はまだわからないけれど、きっと何かあるように思います。

政府の会見に、やっと手話が付くようになりましたね。
遅いなあと思いますが。

計画停電が始まって、このあたりは7時間近く停電するようです。
電車も止まる…。
お勤めの方は、大変なことですね。
しばらく続くようですから、一時しのぎではなくて、生活の仕方を工夫する必要がありそうです。
電気のない暮らし…夜など、どんな風だろう。
便利な暮らしに慣れているけれど、不便な生活の中にもいろんな発見などあるかもしれません。
たとえば…、缶詰をいくつか買いました。
今まで食べたことのない缶詰ばかり…食べてみよう。
いつも通りの暮らしをしようと思わないで、非日常の日々を送ってみようと思います。
節電も、頑張ります。

まだ余震も続くようなので、みなさん気を付けてくださいね。
わたしも気をつけます。

被災地の方々に少しでも早く、暖かな場所や充分なごはんやゆっくり眠れる安心が届きますことを、
一人でも多くの命の救われますことを、
祈っております。

怖かったですね

つぶやき
03 /12 2011
この日はわたしにとって、すごく大事な日だったんです。
20年振りに会う教え子ちゃんたちとの再会の日。
どんな素敵な大人になったんだろう…。
もう遠足前の子どもみたいに、ずっとどきどきして、眠れない前夜で。

乗り換え駅の電車を降りたとたんでした。
停電したかと思うと、大きな揺れ…。
立っていられなくて、怖かったです。

その後電車は全面ストップ。
それでも、待ち合わせ場所になんとしても行かなくちゃと焦っていました。
情報がないし、携帯は繋がらないし、余震は続くし。
うろうろするばかりで4時間…。携帯の充電も切れる…。
もうわたしは大人なのに、知らない街で、どうしていいかわからなくてただうろうろ。
電車はついに動かないし、バスもタクシーも100人以上の行列で、並んでいたってまったく進まないし、吹きっさらしの寒さ(この日に限って薄着)と、立ちっぱなしの足腰に、ついにこの日帰ることを諦めて、近くに見えたカラオケボックスへ行きました。


ちょっと古いビルで心配だったけれど、暖かくて、座れて、ご飯も食べれる。
でも…余震のたびにゆらゆら。
その時、全然そんな気分じゃなかったんだけれど、取りあえず目の前の歌本を開いて、1曲入れてみました。
第一声を発したとき、「あ…。」と思いました。
なんだろう、あの感じ。
もやもやでぱんぱんに膨れた心から、何かがすうっと抜けていく感じ。

「みんなで歌って乗り切りました」ってよくききますよね。
その気持ちがすごくわかりました。
こんな時こそ、歌。
どんな情報よりも、歌。なのかもしれません。

それからひとりでずううっと歌い続け、ゆらゆらしていても、怖い時ほど歌い続けて7時間…。
帰りに渡されたレシートに、歌った曲名がずらりと印刷されていて、数えたら63曲!!
…記録です。

無事帰宅して、初めてニュースを見て、あまりの酷さに驚きました。
心細い夜を迎える方々が、どうか少しでもゆっくりと眠れますように。

終わった~っ!

つぶやき
03 /10 2011
やっほー!
確定申告の波に飲み込まれちうのみなさま、一足お先に脱出いたしました!
といっても書き終えただけで、提出するまで気が抜けません。
とりあえず、苦手な事務作業が終わって嬉しい~。


蒼い蝶


わたしはいつもエクセルに打ち込んで領収書を整理するのですが、数字ばかり見つめているのはなんとも退屈。
なので、インターネットラジオなどを聴きながら作業しています。

やまもっちゃんこと「山元加津子」さんとの出会いは、1冊の本。
「さびしいときは 心のかぜです」でした。(生徒さんの作品)
そのやまもっちゃんのおしゃべりが音声配信されているサイトを発見。
別冊・たんぽぽ

やまもっちゃんのおしゃべりは、どこまでも優しい声で、子どもたちを、ご自分の心を、語る。
なんでだろ、すごぉく癒される。

好きなお話は「きいちゃんのおはなし」「やくざさんのおはなし」「ゆうきくんの海」それから…
ーーやっぱり全部。

ブログも発見。
いちじくりん

苦手なエクセルだけれど、思いがけず素敵な時間になりました。

「さびしいときは 心のかぜです。
 せきして はなかんで
 やさしくして ねてたら
 1日で なおる」


さびしいときは



CDデビュー記念ライブ♪

音楽
03 /08 2011
ついに、この日を迎えました。
去る3月5日、川口のライブハウス「SHCKUON」にて、原(じょうはら)まり子さんの「蒼い月の雫」CDデビュー記念ライブが行われました。


MJライブ


暖かいお客様と、徳島から出てきてくださったお父様と、ともに頑張っている仲間たちと、CD制作スタッフ…。
多くの人たちに見守られての「MJ」スタートです。

彼女にとって特別なこの日に、「おめでとう」ともうひとつ、贈りたい大切な言葉があります。

…「ありがとう」。

舞台の上ではMCも堂々と饒舌な彼女ですが、普段はにこやかに無口…。
はじめは、どんな人なのかよくわからず、戸惑うこともありました。
深く付き合ううちに、その態度や取り組む姿勢にだんだん彼女が見えてきて、いつの間にか制作スタッフ全員が彼女のことを好きになっていました。
そんな気持ちで作ることができたこのCDは、私にとっても宝物の1枚となったのです。


CD制作の記念に、写真集を作りました。
CDサイズのちいさな写真集ですが、これがまたかわいいです。
MY BOOK
PHOTO BACK


曲のダウンロードも始まったようです。
手軽に聴いてみたい方は、こちらをどうぞ。
Get Adobe Flash player


ライブでは、プロデューサーの山田師匠も歌いましたよ。


山田先生


ライブの打ち上げは、MJがいつもお世話になっているおでん屋「お多幸」さんで。
本日のスタッフ全員集合~♪


全員集合


お疲れ様~。
とても素敵なライブでした。

…と、余韻に浸っている暇もなく、確定申告の季節です。じたばた…。

じゅうたん

ちらっとお部屋
03 /01 2011
年が明けて、もう2か月が過ぎてしまいました。
は、早いですね…。
久し振りの「ちらっとお部屋」紹介です。


ベルギー絨毯


というのも、絨毯を変えたらお部屋の雰囲気ががらりと変身。
すごいインパクトです。
実家の絨毯も赤い模様のこんな感じだったので、ふと子どものころの場面を思い出しそうになります。
本物のシルクのペルシャ絨毯は、あまりに高すぎて手が出ないし、緊張してコーヒーこぼしそうだし、もっと普段使いできるものにしました。
王様の椅子にとても合うなあ~と思います。


コーヒーテーブル


絨毯に合わせて、コーヒーテーブルのなかも入れ替えてみました。
左手前から、保育士時代ご父兄に頂いた小物入れ、パリのお花ボタン、ボヘミアングラス、幸運を呼ぶ砂漠のバラ、上に行ってギリシャの羊、秋と幸せをを貯められるぞうさん、天使の羽根を入れる小箱(興味深いネーム。これについてはまた後日)、スロヴァキアのレース…です。


はらロール


もうひとつご紹介したいのは本日のおやつ、「はらロール」。
京都の老舗「原とうふ店」の豆乳を使ったこだわりのクリームはかる~くてふわふわ。
スポンジには米粉。
優しくて、クリ~ミ~で、どこか懐かしくて、ヘルシー。
一度食べたら忘れられない味です。
数種類あって、写真は抹茶ロール。
一番のお気に入りは、定番の「はらロール白巻き」。
ひとりで何個でもたべられそう。

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。