よいお年を…

つぶやき
12 /31 2009
また1年、無事に過ごせたこと、感謝です。
サボりがちな更新にお付き合いいただき、度々覗いてくださいましたこと、御礼申し上げます。


ミソハギ


さて来年はどんな年になるのでしょうか。
どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ。


わたなべもも

ご褒美

かわいいもの
12 /30 2009
ブルー&ホワイトのティーセットと初めて出会ったのは、もう10年以上前です。
今年1年のご褒美に、自分への贈り物。
ようやく手元に置くことが叶いました。


ティーセット1


今まで愛用していたものも、とても愛着があるので、総入れ替えは少々勇気が要ります。
カップの模様はこんな感じ。


ティーセット2


裏は、シンプルな鳥の絵柄。
長く使っても、飽きが来ない感じです。


ティーセット3


昔住んでいた自由が丘に、Twiceという大好きな雑貨屋さんがあって、そこで一目惚れしたのですが、10年以上「次はあのティーセットで」という片思いは続いたので、先日思い切って自由が丘へ行きました。
懐かしい通りを抜けて、白いお店の中に入ると…あれ? お店が変わっている!!


ティーセット4


ショックを受けつつお店の方にTwiceのことを聞いてみると…。
「移店したんですよ。週に半分しかやっていなくて、今日はお休みみたいだけれど、HPもあるようですよ。」とお店のカードをくれました。
HPでは通販をやっていて、そこには今もちゃんと、「ブルー&ホワイトのティーセット」がありました♪
今度、お店にも是非行ってみなくちゃ。
Twiceがなくなっていなくて、ほっとしました。

オーナーの王由由さんの本は、本棚に何冊もあるわたしの宝物。
読むと、優しい気持ち、そして強い気持ちになれるのです。
風邪ひいている時、ベッドへ持ち込むのは、いつも由由さんの本なのですよ。


ピーターラビットのティーセット


最後に、今まで毎朝一緒に過ごしたピーターラビットのティーセットに感謝を!
取っ手がとれて、アロンアルファでくっつけたりしながら、17年もお世話になりました。
ありがとう~。



サンタさん ありがとう

かわいいもの
12 /26 2009
数人のサンタさんからプレゼントが届いた、特別のクリスマス☆
すごく嬉しかったので、ご紹介しちゃいます。


チェニジアのお土産


かわいい箱のなかには、チェニジアのお土産がぎっしり!!
きゃっほう♪
一番驚いたのはこれ。
大切に扱わないと、ほろりと崩れてしまいそうな「砂漠のバラ」。
砂漠で自然にできる結晶で、持っていると幸運が訪れるのだそう。



砂漠のバラ


わあ、ホント、バラに見える。
自然に出来るなんて、不思議…。
このパワーで、来年はいいこといっぱいだ!!


香り砂糖


チェニジアのお砂糖。
パッケージもすごくかわいいのだけれど、「バラ」や「バニラ」や「スミレ」の匂い付き。
香り砂糖って、紅茶に入れたらフレバリーティーになるのかな。
日本にはないですよね。


チェニジアングラス


手書きのチェニジアングラス。
光に透けると、影まで美しい。

クリスマスカードもお手製で、とてもうれしい。
ありがとうございました。


押し花カード


こちらのカードも手作り。
押し花を貼り付けてあるのですが、蘭の花は踊っているバレリーナのよう。


手書き文字


カードに添えられた手書き文字がステキ。
この方、建築士だったそうで、なるほどセンスといい、器用さといい、納得です。


サンタチョコ


こんなにお茶目なサンタチョコも届きました。
実は先日歯医者さんに行ったら、「虫歯ではないですね」だったので、堂々と大好きなチョコレートを食べられます。

そして、わたしの周りには他にもたくさんのサンタさんが居て、眼には見えないプレゼントもたくさん頂いています。
「クリスマスにわたしのことを思い出してくれた☆」
そのことが、とてもうれしいのです。
ホントにホントにありがとうございました♪

さあ、そろそろツリーを片付けて、新しい年へと歩き始めなくちゃ。

クリスマスの約束

つぶやき
12 /26 2009
公開を楽しみにしていた映画「アバター」を観てきました。
もちろん、期待以上の映像(3Dだったし!)、そしてストーリーだったのですが、
映画を観ながら、自分の中の「とても恐ろしい気持ち」をはっきりと感じてしまいました。
その気持ちこそが、戦いを、戦争を起こしてしまうものだと思うのに…。

なので、観終わった後も、ずっともやもやした気持ちを抱えていたのですが。



クリスマスの約束


「クリスマスの約束」というテレビを、観終わったところです。
オフコースの小田さんが、毎年クリスマスに届けてくれるライブです。
今年は、20数名のアーティストと一緒に、みんなの歌をメドレーにして、大合唱。
その名も「22’50”」。(曲の長さがそのままタイトルに!)

リハを終えて、あるアーティストが
「わたしたちも、これがサクッと出来た訳じゃなくて、だからこそ、感動するんだ」
とビデオの中で言っていたけれど…。
「無理なんじゃないか?」
「何の意味があるんだ?」
そんな不安や疑問を容赦なくぶつけられて、何度も心折れそうになりながら、
「確証はないのだけれど、何か…あると思うんだ」
その気持ちを貫いた小田さん。
そこには、「言葉にするとこぼれてしまいそう…」な、みんなの想像を超えた、「何か」が「確かに」ありました。

やっぱり「歌の力」ってすごいと、改めて思いました。

「アバター」を観て溢れてきた自分のなかにある「恐ろしい、醜い気持ち」。
それは確かに存在したけれど、でもわたしは「戦い」よりも「歌の力」のようなものを信じたいと、強く願いました。

「クリスマスの約束」
まだ観た事のない人は、是非来年のクリスマスには観てみてね。
もちろん「アバター」も大変お勧めです。

メリークリスマス☆

つぶやき
12 /24 2009
あたたかい クリスマスですね。

今夜は、サンタさんとしてご活躍される方も多いですよね。
がんばって下さい!!


メリークリスマス☆


メリクリ

チョコレート♪

かわいいもの
12 /17 2009
頂き物なのですが…箱を開けてびっくり!!


チョコレート1


楽しいおもちゃ箱みたい!
テントウムシ、イチゴ、くり、きのこ、ペンギン、男の子&女の子、コイン、アーモンド、オレンジ、お花、それから…鯛??

これ、ぜーんぶチョコレートです!


チョコレート2


なかでもお気に入りの3匹。
ちゃんと手足・羽根がついていますよ。
かわいくて食べれない~といいつつ、パクリ。
イタリアのチョコは、濃厚でおいしい~。
チョコレート、大好き♪


チョコレート3


なんて言ってたら、とうとう虫歯に…。
ついに明日は歯医者です。

ちなみにかえるチョコ、「こんなに大きくて食べるの大変だわあ♪」のイメージは裏切られ、中は空洞なり。

アフリカ

お出かけカメラ
12 /12 2009
昨夜締め切りを無事終えて…おや? もしかして今日は約束が何もない日?
思いがけない休日。
でも、寒いし、雨だし、家仕事いっぱいあるし、篭ろうかとも思ったのですが、恵比寿に行ってきました。
セバスチャン・サルガド「アフリカ」(東京都写真美術館)です。


ばく


モノクロ写真100点。1973年から30年余りの記録。
見ごたえありました。


多摩動物園1


アフリカに、太っている人はいない。
建物がなく、どこまでも広い。
動物たちは誇り高く神々しい。
(いつも動物園で見る動物たちには癒されますが、その逆。威圧感さえあります。)



多摩動物園2


厳しい自然と紛争に振り回されるアフリカですから、地雷で足を失った人、栄養失調の子ども、飢餓や戦争による遺体の写真もありました。
また、砂嵐で失明した人の眼を、初めて見ました。
どこを見ているのかわからないのに、鋭い眼差しでした。


多摩動物園3


細かい砂がいつも舞っている(埃っぽい)からだと思いますが、そんなアフリカに頭上から光が差し込むと、まるで神の国のようになります。
神話の中の絵のような、美しい景色でした。
もしかしたら、目で見てもそういう風には見えないのかもしれません。
カメラのレンズを通してだけ、光芒が見えるのかもしれません。


多摩動物園4


今、一番心引かれる場所はアフリカです。
けれど、わたしのなかのアフリカは、地平線に沈む真っ赤な夕日や、彼方をゆっくり歩いているきりんや象たち。
もっとカラフルな原色でした。
イメージがかなり変わりました。


今日はカメラを持っていかなかったので、撮れていないのですが、恵比寿のイルミネーションが素敵なんですよ!
樹を飾る電飾が、フリルのような、うろこのような形! かわいい!
ガーデンプレイスの奥には、バカラのでっかいシャンデリアもありました。
これは、日を改めて、是非撮りに行きたいなあ。


(写真は、多摩動物園の「癒される動物」たちです。アフリカとは関係なかったですね?!)

紅葉~鎌倉編~

お出かけカメラ
12 /11 2009
烏瓜が真っ赤に色付く頃、今年2度目の鎌倉へ行きました。



からすうり


今回のお散歩は、まさに食べ歩き。食いしん坊散歩。
まずは、ミカドコーヒーで美味しいコーヒーを。
ぽかぽか陽気だったので外で飲んで(店内より安価)、コーヒーソフトも食す。


ミカドコーヒー


コクリコの懐かしいクレープを食べた後は、鶴岡八幡宮へ。
銀杏のシャンデリアがきらきら光っていました。


鶴岡八幡宮


京都まで赴かなくとも、こんなに美しい日本の美が身近にあって、感激します。
感激すると、どうもお腹が空くようで…。


鶴岡八幡宮2


「ORINDO」のモンブラン!!
ここのパウンドケーキが美味しいのは、知っていましたが、鎌倉に本店があって、生ケーキが食べられるとは!
濃厚な西洋栗と、さっぱり優しい和栗の2種類があります。
どちらも大当たり!


欧林洞


夜ご飯は、予約しておいた行きたかったお店「魚源」です。
由比ガ浜にあります。


魚源1


ひとつひとつが、丁寧に作られている、味の宝石箱。
メニューはお任せコース料理ひとつしかありません。
(別メニューで天ぷらを追加することは出来ますが…たぶん満腹で入らないでしょう)


魚源2


美味しいものを、少しずつ…。理想です。
珍しく写真を撮ったので、どどっと載せますよ。
腹ペコの人、要注意!!


魚源3


焼き物は大好きなブリ。
それぞれ器にも大変凝っていて、ご主人の美学、こだわりを感じます。


魚源4


鯛の姿煮!
豪華です~。


魚源6



三角焼きおにぎりのお茶漬けが、かわいい~。
真似できそうなアイディア♪
このほかに、突き出しとデザートもあって、3700円とはお値打ちでしょう。
お腹がはち切れそうでした。


魚源5


そうそう、この日の夕焼けはとびきり素敵だったんですよ。
富士山もくっきり。
う~ん、来年も行きたいぞー。

紅葉~箱根編~

お出かけカメラ
12 /04 2009
折角の箱根なのに、雨…ついてないなあ~。
と思っていたら、なんと霧が出てきました。


箱根美術館1


をを~っ! 幻想的!
箱根美術館は、もみじの色も、苔の美しさも、こじんまりとした感じもとてもよいのですが、ここで霧に遭遇したのは初めて。(出かけたのは11月中旬です。UPが遅くてごめんなさい~)


箱根美術館2



あまり知られていない山里へ来たような、不思議な心持ちで霧の中を彷徨いました。
そして、いつもは柵で「立ち入り禁止」となっている「石庭」が、たまたま開放されていたのです。


石庭


初めて立ち入った庭には、しっとり濡れた大きな石が、美しく配置されていて、まさに日本の美。
晴れた日にはこのしっとり感はでないことでしょう。
たいへんいいモノを見せて頂きました。


温泉


すっかり冷えた身体には、欠かせない温泉です!
今回は、立ち上る湯気がどれだけ眺めていても飽きないものであることを、発見しました。
ロウソクの灯の揺らぎのように、眺めているだけで癒される効果あり。




わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。