レコーディング in スロバキア

音楽
07 /06 2009
なんといっても、今回の旅のメインはレコーディングです。
こちら、スロバキア放送局。
NHKのようなものです。


スロバキア放送局


その中にあるホールを5日間借り切って録音します。
5日間で14曲…かなり強硬なスケジュールです。
(みなさん忙くて、やっと合わせたスケジュールなのです。)
パイプオルガンのある、ステキなホール。


ホール


プッチーニの「トスカ」、「ボヘーム」。カールマンの「ウィーンへ愛をこめて」。レハール「メリーウィドウ」。モーツァルト「魔笛」。ヴェルディ「リゴレット」…などなど、王道の歌曲が並びます。


オー蹴るトラの方々の方々


広いホールは、お客さんが居ない分、音を吸収されることなくよく響くそうです。
演奏してくださるのは、スロバキア放送交響楽団、65人ほどの方々。
わたしには贅沢な貸切コンサートです。


オケの方々


演奏会で日本に行く機会が多いらしく、「こんにちは」と挨拶されたり、「わたしは15回も日本へ行った。」と京王観光のタグを見せて下さる方も…(笑)。


指揮者はH氏


指揮はウィーン在住の日本人、H氏。
彼が全身をうねらせて、オケに風を起こしたり、渦を巻きおこしたりします。
指揮棒の先がちょんとしずくを落とすように、静かに波紋を広げたりします。
時々H氏が「ビッテ…ここはエロティッシュに…」と指示すると、チェロのおじさんが「おう、エロティッシュね。任せてくれぃ。」みたいな会話も(笑)。


ソリスト S氏


ソリストは日本の音大留学中に、H氏に見出された中国人のS氏。26歳。
一年前初めて会ったときは、気さくにカラオケボックスで歌を披露する青年でしたが、あれよあれよという間に世界デビューして主役をこなし、先日は「メトロポリタン歌劇場」のオーディションに受かったというから、その才能は本物です!!
今はオーストリアのグラーツに在住だけど、公演とオーディションで世界中を巡る日々。
日本語、英語、イタリア語、ドイツ語は完璧で、フランス語でも歌える。
日本デビューは来年ですが、これからが本当に楽しみなテノールなのです。


演奏の様子


はじめ、オケの人たちは知らない若造に「こいつは誰だ?」という反応でしたが、彼が歌を披露した瞬間、いっせいに弓で譜面台をたたき、足を鳴らし、「素晴らしい」の声を送り、あっという間に彼の歌を認めました。
わたしもびっくりしました。
この一年、世界の舞台で経験と自信をつけた彼の歌は、本当に心から素晴らしかった。
震えるほど…。


kibouno hitomi yo


おや!
譜面に「kibouno hitomi yo」と書いてあります。
次はいよいよH氏作曲、わたもも作詞のオリジナルです。
「この人が、歌詞を書いた人です」と紹介され、テレながらお辞儀。
すると弾き終わるたび、「こんなんでどうだ? いい感じか?」と、わたしのほうを見てくれます。
「うんうん。バッチリです!!」としゃべれないから顔だけで伝えて…。
夢のような時間だったなあ。


ミキサー室


こちらはミキサー室。
なんとタクはヤマハ製!!
S氏は、頭を掻きむしって苦しんでいました。
実は、オケと歌を同時録音しているので、歌のよいときと、オケのよいときが合わないのです。

そして、5日目。
早くもハードスケジュールのつけが回ってきてしまいました。
S氏の持病(疲れすぎると出てしまう)で、歌うたびに耳が割れそうに痛く、口がよく開かない状態に…。
そんな身体でも「出来るところまでやってみます」と最後まで歌いきってくれました。
今回お世話になったスロバキアのレコード会社の社長さんが「この国ではこういうとき、これを使う。」と下さったニンニク(!!)を耳に詰め、痛みをこらえて歌った「カルメン」が、実は切なくてすごーくよかったことは、内緒の話です。
(歌いながら…「痛い!!」「臭い!!」「痛い!!」…だったそうです・笑)


ご機嫌なわたももさん


長々と書きました。
最後まで読んでくださってありがとう。
CDが無事発売になったとき、S氏が日本公演をするときは、またお知らせしますね。

次はウィーンの旅へ続きますよ。

21時の夕焼け

ウィーンの旅・思い出帳
07 /03 2009
晩御飯を食べ終わってもまだ明るい。
とても陽が長いので、すごく得した気分です。

そして、素晴らしいのはこれです!!
21時の夕焼け…。


21時の夕焼け1


水色の空に、うっすらピンク色がかかります。


21時の夕焼け2


建物も、とおり行く人々も、みんなみんな薄いピンクに染まります。


21時の夕焼け4


だんだん暗くなってきました。
教会のクロスもステキ。

21時の夕焼け3


最後に驚いたのは、このサファイヤブルーの空です。
まさに宝石のようでした。


サファイヤブルーの空


淡い夕焼けと宝石色の空は、見とれているうちに終わってしまいます。
わずかな時間だからこそ、美しさがひときわなのかもしれません。


サファイヤブルーの空2


旅はまだ続きます。

ただいま

ウィーンの旅・思い出帳
07 /02 2009
帰って来ました。


雲の上


オーストリアも異常気象で豪雨が続き、ドナウ川が氾濫して、「梅雨のないヨーロッパも、ついに梅雨入り?」と思ったのですが、東京のむうっとした、この肌にまとわり付く湿度…。
これこそが梅雨!!
そうだったなあ、帰ってきたなあという感じです。


風車


とても楽しい旅でした。
写真をたくさん撮ったので、たくさん載せながら少しずつお話しますね~。

ウィーンの空港からスロバキアは車で2時間ほど。
今ではパスポートチェックもなく、スムーズに行き来できます。
途中、巨大な風車がいくつも並んで圧巻ですが、ひとつの風車でスロバキアのひとつの村の電力をまかなえるとのこと。
エコが進んでいるのですねー。
一面の麦畑に白い風車の群れ…美しい風景でした。


教会


スロバキアのブラティスラバは10年ぶりです。
以前はこじんまりとして可愛い街だけれど、まだ共産主義の名残があって、地味な印象でした。
ユーロ圏に変わってから、急速に街並みが美しくなったそうです。
通りにおしゃれなオープンカフェがずらりと並んで、賑わっています。


オープンカフェ


スロバキア料理に挑戦しましたが、スゴイ量!
前菜とパンとスープ(どんぶりにいっぱい!)でもうお腹いっぱいなのに、そのあとメインが来ます。
…無理です。


パパラッチ


街中にはいくつものユーモラスなオブジェが、違和感なく馴染んでいて、これはカメラマン?
ふと見ると、その店の名は「パパラッチ」…なるほど!
ほかにも、マンホールから手を振っている人とか、ベンチに座る人に微笑む人とか…。


お菓子屋さん


ハリーポッターの魔法のお菓子を売っていそうなお菓子屋さん。
奥がカフェになっていて、みんなでホットチョコレートを飲みました。
ウエイトレスさんがモデルのように可愛い人ばかりで、男性陣はデレッと嬉しそうにしていましたっ。


カジノ


10年前、わたしに「カジノ」の楽しさを教えてくれた街、ブラティスラバ。
けれど、レコーディングを終えて夜ご飯を食べると、もうくたくたのねむねむで、なんとホテルのすぐ地下にあるというのに、今回は一度も足を運ばなかったのですよ!


スロバキア国旗


スロバキアは国旗までかわいい。
旅はまだまだ続きます。
お楽しみに。


わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。