遠くを

つぶやき
04 /24 2008
春の空



表現する仕事というのは、(もちろん、どんな仕事もだけれど)
間にいろんな人の手を借りて、ようやく作品を世に送り出すことが出来る。
編集者や、ディレクターや、いろんな人にお世話になる。
もちろん気持ちよく仕事ができるに越したことはないけれど、
わたしたちは、最終的にそれを手にする人(例えばお話を読んでくれる子どもとか、CDを聴いてくれる人とか)に向かって、作品つくりをするべきだ。

お酒の席で、その間に入ってくれる人が心無い人であるために、
ちょっと凹んでいるアーティストのつぶやきを聞きながら、そう思った。

そして、わたし自身は嫌な編集者やディレクターに会ったことはなく、
それもずいぶん幸せなことだと思う。

遠くをみよう。
現実には目の前のことに精一杯になっていても、
気持ちはいつも遠くに向かっていよう。

野の花

ちらっとお部屋
04 /22 2008
気候の「ちょうどいい日」って、年に数回しかない気がします。
今日はその、ちょうどいい、貴重な一日でした。
こんな日は、お散歩友達から電話が…きたきた!!
もちろん「行く行く!」とわたしもすぐに支度。

お湯を沸かして、水筒に紅茶を入れます。
今日はわたしがお茶係。
友人はおやつ係。
道すがら、なにかおいしいものを調達してきてくれるはず。

二人の家のちょうどまんなか辺りのベンチがいつもの待ち合わせ場所。
川沿いをてくてく20分ほどで到着。
先にお茶をいれ、本を読んでいると、
向こうから友人登場。

おやつは「青木屋」のお団子でした♪
外で食べると、いっそうおいしい~ね。



野花




帰り道は野の花を摘みながら歩きます。
クローバー、菜の花、ほとけのざ、なずな、たんぽぽ…
毎年会う、いつもの懐かしい花。
今年初めて出会った花。
いろんな花を少しずつ摘みながら、野花の花束を作ります。
洗面台の上の、ちいさなちいさな花束です。

屋形船

未分類
04 /21 2008
友人の紹介で知り合った三遊亭鳳志さんの落語、時々聴きに行きます。
今まで全く興味がなかったのだけれど、
鳳志さんの噺は初心者にもわかり易く、聴き易い。

昨日は屋形船で、三味の調べに迎えられ、揚げたての天ぷらとおいしいお酒と、
落語に唄にビンゴゲームまで…。
とても粋で贅沢な時間を過ごしました。

でも、「あくび指南」という噺、もう3度目…。
そろそろ新作が聴きたいっ。



松崎の花畑




カメラは船酔いしそうだったので持っていきませんでした…。
写真は伊豆のお花畑です。




コメットスター

お出かけカメラ
04 /17 2008
コメットスター1



先日の「玉しゃじん」は別名「コメットスター」とも言われているそうです。
枯れると「ひげおやじ」みたいなひどい風貌になるので、
今のうちにちゃんと撮っておこうと、
マクロレンズを向けてみました。


玉しゃじん2



「五つに割れて…」の様子がよくわかります。
なんて神秘的なんだろう。
そこには宇宙さえ感じることが出来ます。
海中の、未知の生物のような…。

でも、なぜ五つなんだろう。
三つや六つじゃ、なぜだめなんだろう。
間違えて四つに裂けちゃう「つん」はないのかな…。



ももいろたんぽぽ



「ももいろたんぽぽ」
きゅんっとするほど可愛いです。
しべの先が、くるりんとふたつまるまって、
まるで蝶ちょがたくさん集まっているみたい。
綿毛も「ももいろ」だったらいいのにね~。
(まだ、綿毛にならず。わくわく…)



桃色たんぽぽ

お出かけカメラ
04 /14 2008
対岸の小山が、緑でもこもこしてきました。
もうすぐ新緑の季節ですね。

ベランダのクレマチスやオレガノビューティーも、あたらしい黄緑色の葉を見せ始めました。
今年も咲いてくれるかなあ~。

さて、最近仲間入りしたベランダの植物たちをご紹介。



桃色たんぽぽ



これは「桃色たんぽぽ」というそうです。
吉祥寺にとても好きな花屋さんがあり、
珍しい、そしてかわいい、しかも質のいいお花を揃えているので、よく立ち寄ります。
一年草だそうですが、蕾がたくさん。
次々と開いています。
たんぽぽに似ているけれど、種類は違うかも。
枯れたお花が綿毛になるのか、見守っているところ。



玉しゃじん



これはまた、初めて見た「玉しゃじん」という花。
植物園内の花屋さんで買った、山野草です。
はじめ、ハリネズミのような、ふぐのような、つんつんした(でもやわらか~い)丸なのだけれど、
その「つん」の途中が5つに裂けて縮み、先端から花芯が飛び出てきます。
すごくおもしろいの。
そして、花粉はむらさき!!

花の形状って、つくづく見惚れます。


思いがけない…

かわいいもの
04 /12 2008
桜もすっかり散ってしまいましたが、
今年、お花見で大活躍したさくらティーです。


sakura



立ち上る香りは、桜餅。
あの日の桜を思いながらのティータイムです。

さてさて、思いがけなくとっても素敵なプレゼントを戴きました♪
みてみて、かわいい小箱でしょう~。


プレゼント



どきどきしながら開けてみると、
じゃじゃーん!!


亀ストラップ



カメだ~~~!!!
すっごいちっこいのに、この癒しの表情!!
たまりません。

どうもありがとうございました。
大切にかわいがります。

「思いがけない」って素敵なことだと誰かが言っていましたが、
ほんと、とても素敵なことですねえ。
わたしも、誰かに「思いがけない」ことを、
その人にとって、なにかいいことを、してみたいと思いました。



スワンの恋

かわいいもの
04 /08 2008
オレは この池いちばんのイケメンスワンだ。
今日もみんな楽しそうにお花見しているな。
よしよし。


スワン1



ををっ かわいいギャル発見!


スワン2



どぎゅーん!
(ハートを射抜かれた音)
やばい! ひとめぼれだ!


勇気を出して、はなしかけるぞっ。


スワン3




あのう… そのう…


スワン4



ちゅっ★

大成功~♪




いちめんのなのはな

お出かけカメラ
04 /06 2008
♪なのは~な ばたけぇに…


菜の花1




伊豆下田の菜の花ばたけです♪
眼が黄色くなりそうでした(笑)

雨上がりで、キラキラした感じ。


菜の花2



蜂たちも、身体中花粉まみれになって
働いておりました。
人間なんて眼中になし。



菜の花3



温泉もあって、お魚(金目鯛とか)も美味しくて、
ちょっと遠いけれど、下田はいいですね。
帰り道で食べた「あおりいかの天ぷらそば」…
忘れられないっ!


ターシャ展

あこがれ
04 /03 2008
午後のひかりが差し込むリビングの床が、虹色に揺れているのを発見♪


虹のお部屋



魔法の種明かしは、お花見に使ったピクニックシート。
洗って物干しにかけてあったものが映っているのです。
言われてみれば…そう見える…でしょ。
でも、虹のお部屋ってことにしたほうが素敵です。


先日、銀座でやっている「ターシャ展」、行ってきました。


ターシャ展



毛糸を紡ぐ糸車も、りんごを絞るジュース機も、ターシャの洋服や、いつもお茶を飲んでいるカップも、
ここで飾っても、あまり意味がないように思いました。
それらは、ターシャの家にあって、それぞれの場所でそれぞれの役割をしてこそ輝く…。
けれど、「雀の郵便やさん」が届けてくれる、人形たちのカードやカタログが並んでいる棚には
目が釘付け!!
「こんなに小さいんだぁ。こんなに凝っているんだぁ。」
そして、絵本の原画が観れたこと。
発売されているDVDには収録されていない映像が流れていたこと。
うふふ。やっぱり素敵でした。




お出かけカメラ
04 /01 2008
冷たい雨に打たれて…桜、大丈夫かな。


桜水



去年、天気予報のおねえさんが、
「桜は全部の蕾が開くまで散りませんので、安心してください」って言っていました。
それは、早く咲いた子がちゃんと遅い子を待ってあげて、
みんなそろって「せーの」で卒業式みたいに散っていく気がして、
「桜って優しい花だなあ」と思っていました。

なのに先日お散歩したとき、まだてっぺんのほうには蕾をのこしているのに、風もないのに、地面にはたくさんの桜。
しかも花びらではなく、花がそのままはらはらと散っていたのです。

あんまりもったいないので、拾って帰って来ました。
桜色のお皿に水を張って、浮かべて…。
雨の日も、お部屋の中で花見です♪


桜



でもやっぱり、本物の桜の木のしたでお花見するのが一番!
河原には桜の並木が数箇所あるので、
ランチやおやつは、お散歩ついでに桜の下で…。
暖かい日は、毎日出掛けたいです。


わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。