首都圏ネットワーク

手話
03 /27 2017
放送を見逃してしまった方は、ぜひこちらをどうぞ~。


https://youtu.be/fGZtUD7rjNg?list=PLz9DG5B0LQjjPSdc2_acNuCnmhNKWfhXQ

はーとふるはんど、TⅤに出ちゃいます

手話
03 /22 2017
明日23日木曜日、18:10~18:50、NHK首都圏ネットワークの番組内で、手話劇団はーとふるはんどが紹介される予定です。
(今度こそ…)
盲聾者である櫻井ようこさんと盲導犬スカイの舞台出演奮闘記になっているとおもいますが、NHKの方が何度も練習に取材に来て作ってくださったので、とっても楽しみです。
お時間の合うかたは、ぜひ見てくださいね。
あ、お時間の合わない方は、ぜひ録画で…!!

IMG_3475_20170322203234ccb.jpg


★DSC03776


IMG_3465_20170322203233983.jpg

はーとふるはんど、無事終演

手話
03 /02 2017
手話劇団、はーとふるなんどの第16回公演「ありがとう またね…」と、手話歌が無事終演いたしました。
応援してくださった皆様、ありがとうございました!

IMG_3475.jpg


こうやって全員集合してみると、本当にたくさんの人が年に一度終結するのだなあと思います。
年齢も、経歴も、障害や性格も、さまざま。
いつもは緊張する本番ですが、今年は若い人たちが(と自分が言う歳になってしまった…)とても明るくて、現場が楽しかったのです。

IMG_3465.jpg

公演前にインフルエンザになってしまい、お稽古を休んで皆さんに迷惑をかけたり、練習不足だったり、本当にひやひやしました。
今回初めての挑戦、お芝居丸ごと一人で手話通訳…どうなることかとはらはらしましたが、何とか乗り切りました。
無事終わって、心底ほっとしています。

目と耳に障害を持つ櫻井洋子さんの全身全霊で飛び込んでゆくようなチャレンジ、本当に勇気をもらいました。
盲導犬スカイも大活躍でした。
お客様にも盲聾の方が多く、そうゆう方に触手話で聾者が通訳をしたりしていました。

土日のお仕事が多くなってきて、はーとふるのお稽古も休みがちで、いつまで続けられるだろうか…と思いながらも、いつが最後になっても悔いがないように精いっぱいやっておきたいと思います。

来年の公演はもう決まっていて、2018年、2月24、25日です。
でれるといいなー。
みなさま、ありがとう!!
またね!!




はーとふるはんど、海の日公演

手話
08 /01 2016
今日から8月に突入です。
家にいることが多くなると思いますので、今までのたまりにたまった出来事をアップしていきたいと思います。

まずは、海の日に行われた手話劇団「はーとふるはんど」の手話ダンス渋谷区公演です。
暑い中、募集人数を上回るたくさんのお客様に来ていただき、こころから感謝です。


IMG_3138.jpg


こうちゃんに借りたブーさんのオーバーオール、なんとわたしにぴったりサイズ!
ぶひぶひ~!
ホンマちゃんとのペア、楽しかったです!!

IMG_3140.jpg


ぞくぞくすると思ったら、背後にシュガーさんおばけが~~~っ。

IMG_3145.jpg


今回も花嫁になることができました。
ドキドキして待つお相手はもちろん…


IMG_3146.jpg


こうちゃん王子様~💛
投げキッスもしてくれるのですよん。
いつもわたしを選んでくれてありがとう~。

画像だけ見てもよくわからないかもしれませんが、はーとふるはんどの手話ダンスとは「歌に手話をつけて、ろう者も健聴者も一緒に踊る」パフォーマンスです。
私がどれほど楽しくて楽しくてたまらないかということは、舞台を見に来ていただければ一目瞭然。
すんごい笑顔で踊っていますからね(笑)
次の舞台は日本橋三越劇場。
来年の2月25日(わおっ、たんじょうびだ~)、26日です。
実はチケット販売はもう始まっています。
ご興味のある方、ぜひ私まで声をかけてくださいね。
良いお席から埋まってゆきますよ。

img004-1.jpg

前半はお芝居。
なんと監修は今年も石井ふく子先生。
主役に藤田朋子さんをお迎えします。
盲導犬も登場するみたい。
どんなお話になるのでしょうか。

後半は手話ダンス。
ろう者と一緒にメンバーで力を合わせ、頑張ります。
ゲストの方もたくさんいます。
どうぞお楽しみに。

海の日が終わってすぐ、もう来年に向けた練習がスタートしています。
覚えて踊れるようになるまでは大変だけれど、がんばるぞー。
ふぁいとー!

IMG_3142.jpg

*最後に、写真を撮ってくださった断さま、ありがとうございました!!


LISTEN

手話
06 /19 2016
入り口で、耳栓が配られる。
その映画を見るのに、健常者にとって音は余計なものだからだ。
「LISTEN」という映画は、出演者も監督もすべて聾者。
音のない世界で音楽を表現する。


☆☆DSC02599-r

「手話の意味を考えようとしなくていいから。
 感じてくれればいいから。」
そういわれていたので、何も考えず身をゆだねるように画面を見た。
その時間は、繰り返すさざ波や、風に揺さぶられる花畑や、宙を舞うオーロラを見ているときと似ていた。
音のない音楽。
美しい呼吸。
無音というのは、いちばん大きな音なのかもしれない。
しんと張り詰めた空間で、指先がわずかに動く、髪が揺れる…それだけで、音楽になった。
彼らの動きに合わせて、わたしの感情が波を打つように揺れた。

☆☆DSC02792-1

この映画には、知人が出演している。
手話劇団はーとふるはんどの役者の一人だ。
「わたしたちは、健聴者のつくる舞台や映画を、こんな感じでいつも見ているんだよ。
言葉はわからないけれど、すべてわからないわけじゃない。
表情やしぐさからいろんなことを感じているの。
そんな感覚で、今度は健聴者に聾者の世界を見てほしい。」

☆☆DSC02677-r

互いの世界を覗きあって、認め合うことができるのは、素晴らしいことだなと思う。
はーとふるはんどが毎年舞台で演じている手話歌は、健聴者の音楽に聾者が合わせて手話をしている、どちらかというと健聴者寄りの手話歌なんだと思った。
それでも、聾者と健聴者が一緒に何かを作り上げることができるのは、やはり素晴らしいのではないかと思う。


☆☆DSC02854


「LISTEN」にも出演しているホンマちゃんの写真、昨年撮らせてもらいました。
表情がすごーく豊かだから、「ホンマちゃんのホンマでっかシール」もつくっちゃった!
ホンマちゃんといっしょに、簡単な手話を覚えてね!


DSC07064.jpg

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。