旅日記~拝啓 モーツァルト様~

ウィーンの旅・思い出帳
10 /30 2009
5,6月はウィーンの花の季節です。
この時期に行くと、モーツァルト像の前のト音記号が花色になります。


モーツァルトさま


音楽の都、ウィーンには音楽家たちが大勢活躍しましたよね。
オペラ座の周りには、道路に星型が沢山あって、音楽家たちのサインが施されています。
ちなみに、こちらはシューベルトさん。



シューベルト



そして、こちらはブラームスさん。
わたしは詳しくありませんが、クラッシックファンにはたまらない場所なのでしょうねー。


ブラームスさん


最後に、わたしも観光客写真を!
順番の列が途切れた隙を狙って、ぱちりと記念写真。
ヨハン・シュトラウスさんと…。



ヨハン・シュトラウスさん

旅日記~ペーター教会~

ウィーンの旅・思い出帳
10 /29 2009
教会シリーズその3です。
シュテファン寺院の近くにある、ペーター教会。

ピンクがとってもかわいいのです。


ペーター教会1


正面の紋章は、双頭の鷹。
ハプスブルク家の紋章です。

見上げると天井画…。


ペーター教会2


ををっ!
ブローチみたい。
縮小して、セーターの胸に飾りたい。


ペーター教会3



もう少し寄ってみました。
描かれているのは、雲の上の神様たちの暮らしっぷり?

さらにズーーーム!!
うう、しつこい!


ペーター教会4


をを!
鳥です!
中央に描かれているのは羽根を広げた鳥でした。
望遠カメラは、望遠鏡の役目もこなせるのですね。
妙な満足感…。


ペーター教会5


なんだか、舞踏会が似合いそうな教会です。
賛美歌よりも、ウインナーワルツが聴こえてきそう…♪

旅日記~シュテファン寺院~

ウィーンの旅・思い出帳
10 /25 2009
教会シリーズその2は、ウィーンを代表する「シュテファン寺院」です。
12世紀から造り始めて、完成まで65年もかかり、今もなおどこかを修復しながら守られている、オーストリアのシンボルです。


シュテファン寺院1


こういう建築はゴシック様式というそうです。
屋根は大好きなモザイク模様。


シュテファン寺院2


触るとちょっと痛そうな、とげとげした印象です。
さすがに、歴史の重み。威厳があります。


シュテファン寺院3


中は、ひろ~い。
床の市松模様、おしゃれだなあ。
ちょうどミサが始まって、観光客は祭壇に近づくことは出来ませんでした。


シュテファン寺院4


わたしは宗教を持ちませんが、「自分の教会」を持つって、なんだか羨ましい気がしました。
教会はたくさんありましたが、どれも魅力的で、そこに通うことは「誇らしい」心持ちだなあ思ったのです。
日本なら、「自分のお寺」や「自分の神社」というところでしょうか。


シュテファン寺院5


シャンデリアって、実は教会にぴったり合うんですね。
天井、すごく高いし…。


シュテファン寺院6


細部まで凝っているので、一日いても飽きないほど、いろんなものを見つけます。
聖人の像は、いったいいくつ隠されているのでしょう。
ひとつひとつ表情が違うので、ひとつひとつに物語があるとおもうと、わくわくしてしまう。
ディ●ニーランドなどの仕掛けとは、規模が違うと感じます。


シュテファン寺院7


帰ろうとしたら、ひとりの聖人と目が合いました。
「やあ、またおいで。」
って、手を振っているみたい。
威厳の中にも、お茶目心?

旅日記~ミヒャエル教会~

ウィーンの旅・思い出帳
10 /25 2009
ウィーンの旅、思い出帳です。
教会が素敵なので、まとめてみようと思いましたが、あまりにも載せたい写真が多いので、教会シリーズにすることにしました。

さて、教会シリーズその1は、「ミヒャエル教会」です。


ミヒャエル教会1


人がいなくて、ひんやりと静かな教会でした。
神聖な気持ちになります。
ロマネスク様式という建築だそうです。

祭壇をじっと見つめているうち、どうしても気になることを発見してしまいました。


ミヒャエル教会2


矢印のこの聖人が、どうしても本物の人に見えるのです。
ええっ! まさかっ!
近くで確かめるまで、ドキドキ…ドキドキ…。


ミヒャエル教会3


ねっ、本物に見えるでしょう?
もちろん彫刻でしたが、まるで生きているみたい。巧み過ぎる~。
大きさも、ほぼ等身大です。


ミヒャエル教会4


メインは、堕天使の彫刻です。
上のほうにも天使が雲間からたくさん顔を出しています。
差し込む光によって、彫刻はどんどん表情を変えるようです。


ミヒャエル教会5


振り返ると、大きなパイプオルガン。
何百年も前から、どんな音を響かせてきたのでしょう。

旅日記~小さなレディたち~

ウィーンの旅・思い出帳
10 /23 2009
街中で、結婚式が始まる場面に遭遇しました。
偶然に感謝!
みなさん正装で、もちろんちびっ子たちも。
お揃いのドレスが可愛いー。


結婚式1


小さなレディたち。
よそ行きのおすまし顔です。


結婚式2


ママになにか言われてます。
「きょうはお行儀よくね。」…かな?


結婚式3


パパとも、なにかお約束みたい。
「いいかい、パパよりいい男を連れてきちゃダメだぞ。」
…かな?


結婚式4


フラワーシャワー。
上手にできたかな?

結婚式5


男の子だって、バッチリ決まっています。


結婚式6


式をするのは、こんな素敵な教会です。
教会はたくさんありますが、それぞれ個性的で、どこも魅力的です。
残念ながら、花嫁さんの到着を、待つことは出来ませんでしたが…。


結婚式7


きみたちも、いつか美しい花嫁さんになるのかなあ。


結婚式8

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。