FC2ブログ

デジタルカメラマガジン2月号発売中!

未分類
02 /01 2019
お知らせが遅くなってしまったのですが、久しぶりにカメラ雑誌に記事を掲載していただきました。
「デジタルカメラマガジン2月号」です。

50734528_1037300483134697_7403655429319819264_n.jpg


写真家が問いに答えるような、クイズっぽい形式になっておりまして、その質問はなんと61問も!!
ちょっと楽しみながらページをめくってくださいね。

★DSC08532

わたしは、こちらの写真の撮り方を詳しく説明しています。
寒くて花の少ない冬も、室内フォトを楽しんでくださいね。

掲載誌のお知らせでした~。
デジタルカメラマガジン2月号

明日からです!

未分類
01 /18 2019
【Maison picassiette ピカシェットの家】

墓守の仕事をしてつつましく暮らしていたいたレイモンド・イジドールさんは、ある日きれいなお皿のかけらを見つけます。
それを家の壁に貼り付けたところ、奥さんがとても喜んだので、それからもコツコツとかけらを集めては貼り付け、壊れた陶器をもらっては貼り付け…そしてついに30年以上の年月をかけて、壁、床、天井、テーブル、ベッド、ミシン、庭…ありとあらゆるものすべてをモザイクで埋め尽くしたこの家を作りあげました。
今は、街の人々によって守り伝えられています。
イジドールさんがどれほど楽しみながらこの家を作ったのか、どれほど奥さんやシャルトルの町を愛していたのかが、かけらのひとつひとつから伝わってくるようです。


★★DSC01448-4



今回のグループ展「3040 photo exhibition 」でわたしが展示するスペースは一番小さいのですが、そこにピカシェットのかわいい世界を作ります!
モザイクのかけらひとつひとつに、写真一枚一枚に、どうぞときめいてくださいね。
さらに、「てくてく旅写真シリーズ」からフランス編とフィンランド編のフォトブック2冊を展示します。
ゆっくり見ていってくださいませ。
いよいよ明日からスタートです!!

1月19日(土)ー27日(日)
デザインフェスタギャラリー原宿 EAST201、202、203
11:00-20:00(最終日18:30まで)
デザインフェスタギャラリーはコチラ↓
https://designfestagallery.com/about/access


★★71-1

第6回 3040展のお知らせ

未分類
01 /15 2019
今年もグループ写真展に参加させていただきます。

1月19日(土)ー27日(日)
デザインフェスタギャラリー原宿 EAST201、202、203
11:00-20:00(最終日18:30まで)
会期中無休 入場無料


★★DSC01492-1


プロ、アマ混合でジャンルも様々。
いろんな作品がそろって、見ごたえがありますよ。
いつもは花を撮る私ですが、今回は迷いに迷って「旅スナップ」を展示することにしました。
フランスのシャルトルにある「ピカシェットの家」をご存知ですか?
すっごくすっごくかわいいのですよ。お楽しみに!

夜8時までやっていますので、お仕事帰りにもふらりとお立ち寄りくださいね。
わたしもちょくちょく顔を出す予定です。
準備がぎりぎりで…明日も買い出しだー!
デザインフェスタギャラリーはコチラ↓
https://designfestagallery.com/about/access
(2017年に個展をやった会場と同じです)


2018年、ありがとうございました!

未分類
12 /31 2018
大晦日、あっという間の一年ですね。
今年もたくさんの人や花との出会いがありました。
その一つひとつが宝物のようにキラキラと光っているようです。
今年もたくさんお世話になり、ありがとうございました。
来年もまたどうぞ宜しくお願い致します。
みなさんにとってかけがえのない年になりますように。
では、また来年。
よいお年をお迎えください。
わたなべもも

てくてく旅写真~バイオリン工房をめぐる

未分類
05 /25 2018
ベネチアからクレモナに戻り、バイオリン工房を訪ね歩いてきました。

クレモナのインフォメーションでは工房を記した地図をくれますが、歩いているだけでいくつもみつけることができ、気がついて中へ入れと手招いてくれたりもします。

日本から来たというと、それはそれは歓迎してくれて、バイオリンのことを話すときは眼がキラキラする職人さんたち。本当にバイオリンを愛しているのだなあと思います。

今回の旅では、クレモナから少し離れたピアツェンツアという街で工房を開いた「ロレンツォさん一家」を訪ねます。
そこでは私にある使命が…。
日本茶好きとういう奥様のために、茶の湯パーティをするのです。
頑張らなくてはー。
つづく

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。