fc2ブログ

わたなべもも オリジナル商品 お申し込み開始です

未分類
12 /21 2023
こちらにお知らせするのが大変遅くなってしまいました。
じつは、コロナ禍にひそひそとCDを作っておりまして、去年完成したのですが、それに合わせてどうしてもリリックブック(写真詩集)を作りたくて、さらに1年を費やしてしまいました。
ようやくそろったわたももセットを販売いたしますので、ぜひお手元においてくださいませ。

★DSC06880

・CDと写真詩集のセット(ももぐみバッチ付き)
・CDのみ
・写真詩集のみ
の3つの方法でお申し込みいただけます。
まずはセットのご紹介を。
CD「gradation」は作家ユニット「Neo Keys」の初めてのオリジナルアルバムです。
わたなべももは、作詞、フォト、その他もろもろを担当。
写真詩集「gradation」はCDに収めた楽曲のリリックブックとなっています。歌詞と合わせて写真をお楽しみください。
À5サイズ24ページに仕立てました。
セットでお申込みいただくと、「花フォトももぐみバッチ」をオマケにお付けします。
ぜひカメラバッグ等にちょこんとつけてくださいね。でも、かわいいピンクが気恥ずかしい方は、お家でレシートやメモなどを止めていただけるよう、裏にはクリップもついています(笑)
また、このセットは本を大切にしまっておけるオリジナル封筒にいれてお届けします。
封筒のイラストは、今回の本の装丁をしてくれたデザイナーのフジ子ちゃんが書いてくれたかわいいお花たち。すごく気に入っています!
「マルタック」という紐を付けて、何度も開け閉めできる仕様になっています。
セットは100部限定。
別々に買うより少しお得な、2500円+送料です。
自分にクリスマスプレゼント☆しちゃうなんて、いかがでしょうか。
お申し込みはコチラのフォームから↓
どうぞよろしくお願いいたします。


PHOTO MOMOTTO*2月の講座

未分類
01 /22 2024
初心者からベテランさんまで,カメラメーカー関係なくどなたでもご参加いただける、花フォトを楽しむももっとぐみには「オンライン講座」と「撮影会」の二つの講座があります。
オンライン講座は、毎月決められたテーマに向き合って各々が撮影した写真の講評会がメインです。遠方の方や、写真の視点を広げたい方におすすめ。
撮影会は、季節ごとに私がおすすめする場所へみんなで楽しく撮影に行くのがメインで、特に難しいテーマなどはありません。
参加費は各4000円。両方お申し込みの方は少し割引で7000円です。
お申し込みは記事の下のほう「〇お申し込み方法」のピンクの文字「お申し込みフォーム」というところをクリックしてください。

116★DSC05641-1

119★DSC05664-1

〇オンライン講座
2月10日(土)
19:00~19:30(座学・撮影ぐみも参加可)
19:30~21:00くらい(講評・次回テーマについて)
・二日前(2月8日木曜)の17時までにテーマの写真データを2枚、メールに添付してお送りください。
・2月は自由テーマです。各自でテーマを決めて撮ってみてください。
・参加費:4000円

課題テーマの撮影期間は次の講座までです。
・時間になりましたらはじめますが、講座終了後、みなさんに復習用動画をお届けします。次の講座まで(約1か月間)何度でも見ることができます。
・当日参加の難しい方(補講の方)は復習用動画を見て、課題テーマの写真を撮り、提出してください。

130★DSC05466-1

〇撮影会
2月15日(木)
時間:11時~12時半(撮影会) 昼食後にミニ講評会(自由参加)
場所:新宿方面 10時45分集合予定 (集合場所等はメールでお知らせいたします。)
参加費:4000円 
持ち物:ご自身のデジタルカメラ・メモリーカード・充電済み電池・予備電池・カメラの説明書(あれば)
雨天決行
*自然界のことなので、予想と花期が大きくずれることがあります。被写体や撮影場所を変更する可能性があることをご了承ください。また、下見に行く日の関係で詳細メールが遅れることもあります。

・オンライン座学の復習用動画をお届けいたします。撮影会の予習にお役立てください。(撮影会当日のタブレットを囲んでの説明はありません)
・昼食後に、お一人ずつミニ講評いたします。
(2Ⅼサイズにプリントしたお好きな写真5枚以内。または当日撮影したカメラ内の写真5枚。)
講評後は自由撮影、自由解散となります。

★DSC03682

〇お申し込み方法
オンライン講座、撮影会ともに、Googleフォームの専用ページからお申し込みください。
前回申し込んで個人ページがある方はそちらからお申し込みください。
はじめての方はこちらのフォームをクリックしてお願いします↓
お申し込みフォーム

〇申し込みの締め切り
・オンライン講座:2月2日(金)締め切り
・撮影会:2月7日(水)締め切り
詳細メールは締め切り後にお送りしますので、メールが届いてから参加費のお振込みをお願いいたします。

125★DSC05723-1

*開催5日前になっても返信がない場合は、お手数をおかけいたしますが、再度お申込みをいただくか、HPのメールアドレスへご連絡くださいませ。
*定員になり次第締め切り、またはキャンセル待ちといたします。
*花の状態により場所が変更になることもあります。
*保険には加入しておりません。必要な方は各自お入りください。
*3月のオンライン講座は9日に、撮影会は21日(木)の予定です。


謹賀新年

未分類
01 /08 2024
DSC06744-1


新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年から心の痛むスタートでした。
石川県は父母のふるさと。
秋にお墓詣りに出かけたばかりでした。
大好きなのどかな風景のあのような現状に言葉もありません。
親戚はみな無事でしたが、「想像の100倍こわかった」「家がつぶれると思った」とリアルな声をききました。
現地では雪が降っているようです。
被災された皆さんがどうか暖かく過ごせますように。
一日も早く復興できますように。

今年もありがとうございました。

未分類
12 /31 2023
歌と写真とおはなしと…。
わたしにとってはぜんぶ大切で、ぜんぶ本気でやってきたこと。
自分が何屋さんなのかと問われても、「職業、わたなべもも」だと思ってきました。
(最近はフリーランスというかっこいい言葉もありますね!)
そして、今まではこれらはあまり交わることなく、そのたびに顔を変えて、別々の仕事として進めてきました。
名刺も使い分けていました。
ですが、最近は「歌と写真とおはなし」をいっしょにしたら、なにか……もっと私にしかできないことができそうな気がするのです。
今まで写真家だと思っていた人たちは「え?歌書く人なの?」と思うかもしれない。
おはなし作家だと思っていた人は「写真撮る人だったんだ」と驚くかもしれない。
でも作詞と写真は、作り方、考え方がものすごく似ているし、写真にはストーリーが欠かせない。
おはなしを書いていたからこそ撮れる写真を。
花を、光を見ていたからこそ書ける歌を。
生みだしていきたいなと。
それが、よりわたなべももになることだなと。
今はそう強く思います。
今回、CDと写真詩集(リリックブック)を作って、今まで写真しか知らなかった方に歌をお届けできたり、歌を好きでいてくれた方に写真を見てもらえたりして、自分の全部を知ってもらえたようでとてもうれしかった…。
作ることはなんとかできたけれど、今度はそれを届けること。
これはなかなか大変なことですね。
でもがんばります!届けたい気持ちがあればきっと…。
そして、三つをごちゃまぜにしてミキサーにかけてぎゅっと絞ってポンっと生まれるあたらしいわたなべももを、さらに探っていきたいと思います。
今年も一年、ありがとうございました。
ここで皆さんとつながれることは、とても励みになっています。
来年こそ、穏やかな平和が戻りますように。
よいお年をお迎えください。
*CD、写真詩集のお申し込みはコチラのフォームから↓

息を吹き返す歌たち

未分類
12 /30 2023
歌というのは、放っておかれると死んだように眠ってしまう。
ですが、誰かが聞いたり歌ったりしてくれれば、ふぅっと。
なんどでも。息を吹きかえします。
私が書く詞や生まれた歌たちは、すべてが世に出ていけるわけではありません。
タイミングが合わなかったり、コンペで選ばれなかったり、もともと誰かのために書いたのではなくただ自分が書きたくて書いたものだったりして、しまわれてしまう歌もたくさんあります。
どこにも行けなかった歌は、とてもいい歌なのに、そっと眠ってしまう…。
そうか、誰も歌ってくれないのなら、自分たちで歌おう。
届けよう。と思いました。
今回CDに入れたのは、ナウシカの声優:島本須美さんが歌ってくださったわたしの作詞デビュー曲「DREAMER」から、コロナ禍で作った最新曲「Stey by your heart」まで全10曲。
20代に書いたかわいらしい(笑)気持ちから、時を重ねて変化してゆくgradationが詰め込まれています。
作曲のナオさんとギターの飯泉さんは、高専時代のクラスメイト。作詞のわたなべももとナオさんは大学時代の音楽サークルで出会いました。
それぞれ忙しいのでなかなか集まれませんが、ライブやレコーディングをやるとなったときの結束力はなかなかのもの。
CD「gradation」1200円。
リリックブックとなっている写真詩集とのセットもあります。
お申し込みはこちらから↓

わたなべもも

いつも夢みたいなことばかり考えているから、ふわふわした日常ですが、現実は受け入れるべきと立ち向かってもいるのです。